今なら新規ユーザーに対してプロモーションコード「JP100」ご入力で、最大$100までのフリーベットが貰えます。
更にEntropayを使って初回入金した新規ユーザーには、さらに$5のフリーベットが貰えます。
 
 

合法性と違法性に関してについて

ウィリアムヒルスポーツとはイギリスのブックメーカーで、ユーザーはスポーツや政治、或いはイベント事に賭けることができるというのは分かったと思います。

ブックメーカーは言わば賭けの胴元で、賭けの構図は自然的にユーザー対ブックメーカーになります。


しかし日本はご存知のように賭博禁止国です。

いくらウィリアムヒルがライセンスを取得して海外では合法的に運営していようとも、果たして日本から利用することは法律に抵触しないかという問題が出てきます。

結論から言ってしまえばグレーゾーンです。


入出金にはNetellerを通すため国内で入出金履歴は残りませんし、個人でウィリアムヒルへログインしてベットするため、発覚しにくいのが現状です。

日本ではオンラインギャンブルを取り締まる法律がないため、ブックメーカーを利用して逮捕されたという例はまだありませんが、今後どうなるかは分かりません。

少なくとも日本にスポーツの結果を賭けるという文化はなく、世間では受け入れられているものではありません。

日本人のブックメーカー利用者数は年々増加傾向にありますが、皆ひっそりとやっているのが現状です。

またそれ以前の問題としてウィリアムヒルやブックメーカーという認知度が世間では低いです。

「俺はブックメーカーをやっている。」と堂々と公言している人はいないと思います。


とは言うものの「ロンドンのブックメーカーでは、東京がマドリードとイスタンブールを押さえて本命」などとウィリアムヒルの名前がテレビや新聞で大きく報道されことで認知度はどんどんアップしています。

これに伴って今後ブックメーカーをはじめとする、オンラインギャンブルに対する規制が掛けられないとも限りません。

ウィリアムヒルを利用するなら自己責任でお願いします。


参院選で自民党が圧勝したことによりカジノ法案がいよいよ実現化してきて、日本でギャンブルに対する新たな文化が芽生えようとしていますが、利用者は今後こう言った法律に目を配っておいて下さい。

いずれにしろ規制が掛けられるなら正式なアナウンスがされると思います。

勿論その時はこのサイトでも大きく取り上げるつもりです。
 

ウィリアムヒルに関しての基礎知識記事一覧

日本語対応ブックメーカー

ブックメーカーとは、スポーツの結果に賭けるスポーツベッティング等を行う賭けの胴元です。当然日本で運営するのは違法で、法律で認められている国でのみ運営されています。す...

合法性と違法性に関して

ウィリアムヒルスポーツとはイギリスのブックメーカーで、ユーザーはスポーツや政治、或いはイベント事に賭けることができるというのは分かったと思います。ブックメーカーは言わば賭け...

税金に関して

ウィリアムヒルで稼いだ金額に対しての税金について説明します。まず、ウィリアムヒルで稼いだ金額は税金の対象になります。これは、パチンコやスロット、公営ギャンブルに...

還元率(ペイアウト率)

ウィリアムヒルの還元率(ペイアウト率)は大体94%と言われています。これは本当なのか、ここでは実際にウィリアムヒルのペイアウト率を計算してみます。1/(1/a+1/...