今なら新規ユーザーに対してプロモーションコード「JP100」ご入力で、最大$100までのフリーベットが貰えます。
 
 

ウィリアムヒルの使い方を分かりやすく説明します

更新日2017.4.5 エコペイズからウィリアムヒルへ直接入出金できるようになりました。これで入出金共に一切の手数料は掛かりません。ウィリアムヒルの入出金法をご確認下さい。

William Hill ウィリアムヒルとは世界最大級のイギリスのブックメーカーです。

サイトは2016.10現在、大部分が日本語に対応されるようになりました。


William Hill ウィリアムヒルとは、ギャンブルがまだイギリスで公的に認められていなかった1934年に、電話や手紙による手段にてスポーツギャンブルのサービスを行う会社として設立されました。




当時は法的整備がなく、賭けで勝った金額すら戻ってくる保証もなく、ウィリアムヒル社は世間からは怪しがられていました。

1961年になってようやくギャンブルが合法化されるに従ってWilliam Hillも実店舗を構えるようになりましたが、やはりブラックなイメージが強く閉ざされた世界といった感じでした。

世間に受け入れられるようになったのは1994年に入ってからで、宝くじの普及とともにスポーツべッティングも盛んになってきました。

やがてオンラインが普及するにつれてべッティングもオンライン化され世界中に広がっていっき、会社もロンドン証券取引所(London Stock Exchange)で上場するまでに至り今では世界有数のブックメーカーとして従業員を1,5000人も抱えるまでに成長しました。



2002年ワールドカップ中にはウィリアムヒルで約1000億の資金が動いたと言われています。

また昔の名残も残しオフラインでも2300を誇る実店舗を有し、100万件を超えるベットを受けています。電話による賭けの受付は、600回線での同時対応可能というイギリスでは最大の電話スポーツベッティング会社として有名です。


William Hillは、ジブラルタル政府によりライセンスを発行され、ジブラルタル・ギャンブル委員監督下にあり、ジブラルタルに登録されている2つの会社、WHG (International) Limited (登録番号034 と 042)とWHG Trading Limited (登録番号041 と 043)により運営されています。両社の登録住所は6/1 Waterport Place、Gibraltarで、 登録会社番号はそれぞれ99191と101439となっています。また、William HillはI.B.A.S.登録のブックメーカーでもあります。


ウィリアムヒルスポーツでは、オリンピック、ワールドカップ、欧州サッカー、メジャーリーグ、NBA、アメリカンフットボール、ゴルフ、競馬、UFC(総合格闘技)の他に、政治(選挙)やイベント事(オリンピック開催地や王室の赤ちゃんに対する賭け等)にもベットすることができます。




複数の試合を当てるマルチベットや試合中に賭けるライブベットにも対応しています。

サイトはブラウザー型(ダウンロード不要。)ですのでスマートフォンからもベットすることができます。


現在、ウィリアムヒルオンラインではスポーツブックだけでなく、オンラインカジノ、ビンゴ、ポーカーなどのサービスも展開し、世界175カ国以上にわたるユーザーを持ち、26カ国語、11種類の通貨に対応しています。

ウィリアムヒルスポーツの大部分は日本語にも対応しています。



またウィリアムヒルでは海外馬券を買うこともできて海外競馬を楽しむことができます。日本で海外馬券を合法的に買える唯一の方法です。

凱旋門賞やドバイワールドカップの時は日本の競馬ファンが殺到します。


決済手段はネッテラーが日本から事実上撤退してからは、エントロペイとエコペイズが主流になっています。(クレジットカードは使えることになっていますが、カード会社が規制を掛けるため使用できませんでした。)

尚、ブックメーカー投資のアービトラージに対する規制はやや厳しいです。


今なら新規ユーザーに対して、フリーベットボーナスが貰えます。

早速ウィリアムヒルに登録してみましょう。