ウィリアムヒルカジノクラブ

ウィリアムヒルは1934年から創業されているゲーム会社です。


インターネットが普及する前はイギリスNo1ブックメーカーとしてお店と電話によるブッキングを展開していましたが、オンラインでつながるようになってからはオンラインゲーム界にも進出し、現在では1500人を超える社員と2300を越える規模になでなりました。

2002年よりロンドン株式市場にも上場しています。


近年の受賞歴では、ウィリアムヒルはネットゲーミング界のアカデミー賞に相当するEGRマガジン社主催「EGR Operator Awards2012」で「Slots Operator of the Year」、「Sports Betting Operator of the Year」を受賞しました。


法が整備されていないベッティングは怪しいと言われていた時代より、大衆に信頼・評判を得てきて現在の地位に至っていますので安心感があります。

ウィリアムヒルはカジノやスポーツブックの他にもオンラインポーカービンゴなど様々なオンラインゲーミングを楽しむことができますが、まだ全てが日本語には対応しきっていません。

ウィリアムヒルカジノは2010年9月より正式に日本に上陸しました。


英国競馬のチェルトナムフェスティバルの際に配置されたウィリアムヒル仕様のタクシーです。


ゲーミングを運営するのに必要なライセンスはジブラルタルを取得しています。

プレイテック社のソフトウェアを使用しており、ゲームが豊富でグラフィックが芸術的です。






もうお馴染みのワイルドジャングルカジノやジパングカジノと同じ定番のソフトウェアです。ブラックジャックやバカラ、ルーレット、スロット、ビデオポーカーなど一通り揃っています。

画面は分かりやすく、操作は直感的です。


またライブゲームにも対応されており、美人ディーラーとブラックジャックやルーレット、バカラの対戦を楽しむことができます。

ライブゲームではディーラーとチャットで会話すこともでき、本物のカジノの臨場感を味わえます。


オンラインカジノでは1ヶ月の出金額に上限がありますが、ウィリアムヒルでは200万ドルと高額ですのでハイローラーにはうて付けです。

ボーナスに関しても$500以上の初回入金に対しては$350、$1000以上の初回入金はミッドローラー用の$1100、$3000以上の初回入金はハイローラー用の$1100と顧客にニーズに合わせて最大限に設定されています。

ジャックポットも忘れたころに1億円超えなどが当てられています。


ソフトウェアはインストール型で日本語に対応していますがメール、チャット、電話のサポートも日本語対応があります。

またソフトウェアはスマートフォンにも対応しています。

2015.9.1よりモバイル版は日本語にも対応するようになりました。


入出金手段も豊富でNetellerSkrill、CLICK2PAY、Entropay、I-Banqなどが利用できます。

VISAなどのクレジットカード入金も可能ですが、クレジットカード会社側がオンラインゲーミングに対しての利用を規制しており、実際には使えませんでした。

またPayPalは日本からは利用できません。



ウィリアムヒルカジノクラブは世界的にも知名度があり、ユーザーからも信頼されており、人気抜群のオンラインカジノです。


ではウィリアムヒルカジノクラブの登録方法から説明します。


モバイルからアクセスの方はこちらを参考にして下さい。