ブックメーカー比較

このページでは、私がよく使うおすすめのブックメーカーを比較します。

ランキング順になっており、★の数は数年使ってみていいと思われるもののみ5つになります。

 

 

William Hill(ウィリアムヒル) ★★★★★

 

所在地:Greenside House, 50 Station Road, Wood Green, London N22 7TP

運営開始年:1998年

ライセンス:Gibraltar

入出金手段:エコペイズ、エントロペイ

入出金手数料:エコペイズの場合入出金共に手数料は無料。

通常出金(ボーナスなし)条件:入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:あるが全てのベットには対応していない。

アービトラージ:不寛容

Maxベット規制:厳しい

ボーナス:初回入金の初回ベットに対して$100を限度にベットと同額のフリースピンが4回に分けて与えられる。詳しくはフリーベットボーナスをご参照下さい。

通貨:日本円に対応。

日本語対応:あり

モバイル対応:あり

海外競馬:あり

総合評価:★★★★★

 

ロンドン証券取引所にも上場している社会的にも信頼されたブックメーカーです。スポーツ以外のイベント事にもベットすることができ、賭けの種類が豊富です。マルチベットやライブベットにも対応しておりオッズも良心的です。海外競馬もでき活用度が高いです。市場規模といい世界No1ブックメーカーで私もよく利用しています。ただMaxベット規制が厳しくアービトラージには不適です。

 

 

Pinnacle Sports(ピナクルスポーツ) ★★★★★

 

所在地:Pater Euwensweg 31 Willemstad Curaçao (キュラソー島)

運営開始年:1998年

ライセンス:Government of Curacao

入出金手段:エコペイズ、エントロペイ

入出金手数料:入金は無料。月に1度だけ無料で出金できますが、2回目からは$15の手数料が発生します。反映がとても早いです。(24時間以内でした。)

通常出金(ボーナスなし)条件:入金額の3ロールオーバーでできます。

オッズ:超良心的

ライブベット:あるがよくマーケットが閉じられるため使えた試しがあまりない。(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:なし

アービトラージ:寛容

Maxベット規制:緩い

 

ボーナス:なし

通貨:日本円に対応。

日本語対応:あり

モバイル対応:あり

海外競馬:なし

総合評価:★★★★★

 

日 本語にも対応しており、全ブックメーカー中オッズが最も高くアービトラージにも寛容なブックメーカーです。Maxベット規制も緩いです。このブックメー カーを使うなら出金は月に1度だけにしたいところです。ベットのキュンセルやライブベット、海外競馬ができないところが少々減点になります。

 

 

1XBET(ワンバイベット) ★★★★

 

所在地:Dr. Hugenholtzweg z/n UTS Building Curacao (キュラソー島)

運営開始年:2007年

ライセンス:Government of Curacao

入出金手段:エコペイズ、エントロペイ

入出金手数料:エコペイズの場合入出金共に手数料は無料。

通常出金(ボーナスなし)条件:非常に早く1時間30分で出金できました。入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:あり

アービトラージ:情報はないが多分やらない方がいい

Maxベット規制:特に情報なし

ボーナス:初回入金に対して12300円相当を限度に入金と同額ボーナスが貰え、ボーナスはアキュムレータベットでボーナス額の5ロールオーバーでメインアカウントへ換算される。

通貨:日本円に対応。

日本語対応:あり

モバイル対応:あり

海外競馬:あり

総合評価:★★★★

 

エコペイズ、日本語、円に対応した2017年時点で数少ないブックメーカーの一つ。初回入金に対してアキュムレータベットボーナスが貰える。ベットのキャンセル機能があるのと、ベットに対して負けた場合の保険を掛けることができるのが上級者好みの他のブックメーカーにない利点。

 

 

Marathonbet(マラソンベット) ★★★★

所在地:c/o Carmanco Van Engelenweg 23 Willemstad, Curacao (キュラソー島)

運営開始年:1997年

ライセンス:Government of Curacao

入出金手段:エコペイズ、エントロペイ、ビットコイン

入出金手数料:エコペイズの場合入出金共に手数料は無料。

通常出金(ボーナスなし)条件:入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:かなり良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:なし

アービトラージ:厳しい

Maxベット規制:ベット額の上限はやや少ないが多く利用することでVIPメンバーになれ、VIPベットとして認められることもあり。

ボーナス:なし

通貨:日本円に対応。

日本語対応:なし

モバイル対応:あり

海外競馬:あり

総合評価:★★★★

 

控除率はやや高めだが、唯一相撲に賭けることのできるブックメーカー。サイトが英語だが、ピナクルスポーツに匹敵するくらいのオッズの高さを誇る。入出金手段も豊富で使い勝手がいい。

 

 

W88 ★★★★

 

所在地:MARQUEE HOLDINGS LTD (フィリッピン)

運営開始年:?

ライセンス:Interactive Gaming License 079-03

入出金手段:i-wallet、ビットコイン

入出金手数料:無料。

通常出金(ボーナスなし)条件:入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:4つのブックメーカーーから選べるため良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:なし

アービトラージ:情報はないが多分やらない方がいい

Maxベット規制:特に情報なし

ボーナス:e-スポーツで5つ以上のマルチベット(4つ以上のオッズは1.6以上)で1つだけ外してしまった場合、8000円相当を上限に100%返金。

通貨:日本円に対応。

日本語対応:あり

モバイル対応:あり

海外競馬:なし

総合評価:★★★★

 

スポーツブックだけでなく、ライブカジノも楽しめるオンラインゲームの総合サイト。スマートフォンのアプリでライブカジノができるのが特徴。アジアに大きなシェアを持つ。

 

 

NetBet(ネットベット) ★★★★

 

所在地:Marina street, Pieta PTA 9041, Malta

運営開始年:2001年

ライセンス:MGA/CL1/1043/2014

入出金手段:エコペイズ

入出金手数料:エコペイズの場合入出金共に手数料は無料。

通常出金(ボーナスなし)条件:24時間以内で出金できました。入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:あり

アービトラージ:情報はないが多分やらない方がいい

Maxベット規制:特に情報なし

ボーナス:ボーナスコードにWELCOME50で50ドルを限度に入金額の50%ボーナスが貰え、その後入金額分をオッズ1.6倍以上のものでロールオーバーしますとボーナスが反映されます。

通貨:日本円に対応しておらず。

日本語対応:あり

モバイル対応:あり

海外競馬:あり

総合評価:★★★★

日本語、エコペイズに対応したブックメーカー・オンラインカジノの総合サイトです。比較的早い時期より運営されていましたが、日本に上陸したのは4~5年くらい前で、日本人ユーザーが徐々に増えていってるサイトです。ボーナスも良心的でベットキャンセル機能もありますが、5ドル単位でしかベットできません。

 

 

bwin(ヴィーウィン) ★★★

 

所在地:ElectraWorks Limited Suite 6, Atlantic Suites, Europort Avenue, Gibraltar

運営開始年:2014年

ライセンス:Gibraltar

入出金手段:エントロペイ

入出金手数料:エントロペイにより入金する場合は無料、出金する場合はエントロペイ手数料が1.95%取られる。

通常出金(ボーナスなし)条件:入金額のワンロールオーバーで出金できます。

オッズ:良心的

ライブベット:あり(ライブストリーミングはない)

ベットのキャンセル機能:あり

アービトラージ:5ドル単位でしかベットできないため無理。

Maxベット規制:特に情報なし

ボーナス:季節により変動する

通貨:日本円に対応しておらず。

日本語対応:なし

モバイル対応:あり

海外競馬:なし

総合評価:★★★

 

エコペイズ非対応、サイトサポートは英語、パスポートなしには身分証として認めて貰えずととても日本人に親切なサイトとは言えないが、プロモーションが素晴らしく、ライブベットの他にベットのキャンセル機能があり慣れればそれほど悪くないブックメーカー。ただベットは5ドル単位でしかできないのが融通性を欠く。

2017年6月26日

このページの先頭へ