凱旋門賞2021の出走馬とオッズ

凱旋門賞とは

凱旋門賞とは1920年に設立され、フランスのパリロンシャン競馬場で毎年10月第一日曜日に開催される重賞(G1)競走です。芝2400m、出走資格サラブレッド3歳以上の牡馬と牝馬、重量負担3歳56.5kg、4歳以上59.5kg、牝馬1.5kg減、1着賞金€1,714,200、賞金総額€300万です。

第一次世界大戦後フランス再興を掲げて誕生したこの国際競争は、英ダービーやケンタッキーダービーと並ぶ世界最高峰の競走で、中長距離のチャンピオン決定戦といった位置付けとなっています。

去年はソットサスが制し、今年は記念すべき第100回目の開催となります。

凱旋門賞2021の出走予定馬

スノーフォール(Snowfall、牝3、愛・A.オブライエン厩舎)

ディ―プインパクト産駒で、今年のオークス(英G1)16馬身差、愛オークス(愛G1)8馬身差、ヨークシャーオークス(英G1)4馬身差とG1・3連勝中、通算成績は11戦5勝です。特に先月19日に開催されたヨークシャーオークス(英G1)の結果を受け、オッズはアダイヤーを突き放して一気に単独首位の3.25倍まで引き下げました。

ヨークシャーオークスは完璧なレース回しだったと思います。

アダイヤー(Adayar、牡3、英・C.アップルビー厩舎)

英ダービー(英G1)とキングジョージ(英G1)を制し、通算成績は5戦2勝です。

英ダービーはポジション取りが上手くて、無駄のない走り回しだったと思います。

タルナワ(Tarnawa、牝5、愛・D.ウェルド厩舎)

去年のヴェルメイユ賞(仏G1)を制し、通算15戦9勝です。

ミシュリフ(Mishriff、牡4、英・J&T.ゴスデン厩舎)

今年インターナショナルステークス(英G1)を制し、通算成績10戦6勝です。

ハリケーンレーン(Hurricane Lane、牡3、英・C.アップルビー厩舎)

今年アイリッシュダービー(愛G1)、パリ大賞典(仏G1)を制し通算成績は6勝5敗です。

クロノジェネシス(Chrono Genesis、牝5、野崎孝仁厩舎)

6月の宝塚記念で史上3頭目のグランプリ3連覇を達成し、通算成績は15戦8勝です。日本からの遠征馬です。

最後の追い上げは力強かったです。

ディープボンド(Deep Bond、牡4歳)

今年天皇賞(春)で2着だった馬で、通算成績は11戦3勝です。日本からの遠征馬です。

他にもワンダフルトゥナイト、セントマークスバシリカ、ラブ、ラービア、パイルドライバー、Hukum (needs to be supplemented)、チェシャーアカデミー、アレンケル、サンタバーバラ、ボリショイバレエ、マカロン、ブルガリータ、フィロメーヌ、モーグル、プリティタイガー、モジョスター、ブルーム、トルクァートアタッソ、エバイラ、ジャパン、イニスフリー、サーペンタイン、ナツカシ、サニークイーンといった馬が出走予定です。

2021.9.6時点のブックメーカーオッズ

ウィリアムヒルのオッズですが、圧倒的な差でG1・3連勝中のスノーフォールが一番人気です。今週末9月12日に行われるヴェルメイユ賞の動向が気になるところです。

ヴェルメイユ賞2021によるオッズの変動

凱旋門賞の前哨戦と言われるヴェルメイユ賞が、12日パリロンシャン競馬場で行われました。

スノーフォールは末脚が伸びずティオナに敗れて2着となってしまいました。疲れとかの影響もありますので調子のいい悪いは分かりませんが、これで凱旋門賞が混迷してきたのは確かです。

これは9月13日時点のウィリアムヒルのオッズですが、11日の愛チャンピオンSで2着だったタルワナが1番人気となりました。その―フォールはアダイヤーと共に2番人気に落ちました。クロノジェネシスとディ―プポンドにもワンチャンあるといいですね。