メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

サッカーワールドカップtotoの組み合わせと買い方

管理人のメグです

昨日辺りから梅雨入りしたのか、激しい雨が降り続いています。

 

いよいよワールドカップまで間近と迫りましたが、日本代表は国際親善試合でキプロスに続いてコスタリカ、ザンビアにも勝ち、いい形で初戦コートジボワール戦を迎えることができるようになりました。

勝って自信を持って本番に臨むのと、負けて手応えがないまま本番を迎えるのでは全然違いますからね。

 

 

さて今回はワールドカップtotoについて書いてみたいと思います。

 

totoとは、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が運営するスポーツ振興くじのことで、日本では公認ギャンブルの一つです。

去年はtoto BIGの1等を最高当選金額(キャリーオーバー時)10億円を実施したことで、売り上げが1000億円を超えました。

 

くじの種類としてはtoto、mini toto、totoGOAL3があり、Jリーグや海外サッカーの試合が賭けの対象になっています。

 

特徴としましては、複数の試合の勝敗や点数を当てなければならず、勝ちにくく勝てば額が大きいという傾向があります。

勝敗予想に自信がある人でも、対象の試合を全て的中させるのは難しく、ほとんど運任せの宝くじといった感じになります。

 

第700回、第701回、第702回、第704回、第705回、第706回は、特にワールドカップの試合を賭けの対象とし、ワールドカップ totoと言われています。

それでは順番に見てみます。

 

 

toto:指定された13試合の勝ち(1)、負け(2)、引き分け(0)を予想する。

当選 当選条件 配当分配と当選金額 当選確率
1等 全て的中 70%(最高2億円) 1/1600000
2等 1試合はずれ 15% 1/60000
3等 2試合はずれ 15% 1/5000

 

一口100円

配当分配とは、売上金に占める配当割合のことです。

2013年の1等当選 366本

 

第700回 販売期間 5/31(土)~6/14(土)

1、イングランドvsイタリア  3.00 2.87 2.60

2、コートジボワールvs日本  2.60 3.00 2.90

3、ドイツvsポルトガル  2.00 3.30 3.80

4、オーストラリアvsオランダ  9.00 5.00 1.28

5、スペインvsチリ  1.61 3.40 5.50

6、コロンビアvsギリシア  1.73 3.25 5.50

7、アルゼンチンvsボスニア・ヘルツェゴビナ  1.44 4.33 7.00

8、ガーナvsアメリカ  2.50 3.10 2.90

9、ブラジルvsメキシコ  1.30 5.00 8.00

10、ロシアvs韓国  2.20 3.00 3.60

11、ウルグアイvsコスタリカ  1.44 4.00 8.50

12、スイスvsエクアドル  2.40 2.90 3.30

13、フランスvsホンジュラス  1.33 4.50 11.00

右の数字はウィリアムヒルの90分の予想オッズで、真中が引き分けです。

 

第702回 販売期間 6/8(日)~6/21(土)

1、ドイツvsガーナ  1.40 4.50 7.00

2、韓国vsアルジェリア  2.00 3.25 3.50

3、オランダvsチリ  2.15 3.30 3.30

4、イタリアvsウルグアイ  2.25 3.25 3.00

5、日本vsコロンビア  4.50 3.40 1.73

6、ナイジェリアvsボスニア・ヘルツェゴビナ  3.00 3.20 2.25

7、ベルギーvsロシア  2.00 3.25 3.50

8、アメリカvsポルトガル  5.00 3.75 1.61

9、カメルーンvsブラジル  17.00 5.00 1.20

10、ギリシアvsコートジボワール  2.87 3.25 2.30

11、オーストラリアvsスペイン  17.00 5.00 1.20

12、クロアチアvsメキシコ  2.15 3.40 3.00

13、コスタリカvsイングランド  7.50 4.50 1.36

 

ブックメーカーなら単発でもベットできるのに対して、13試合を全て勝ち、負け、引き分けで当てるのは大変そうです。

 

 

mini toto:指定された5 試合の勝ち(1)、負け(2)、引き分け(0)を予想する。

当選 当選条件 配当分配と当選金額 当選確率
1等 全て的中 100%(約1万円) 1/243

 

一口100円

配当分配とは、売上金に占める配当割合のことです。

2013年の1等当選 18万3134本

 

第700回 販売期間 5/31(土)~6/14(土)

A組

1、イングランドvsイタリア  3.00 2.87 2.60

2、コートジボワールvs日本  2.60 3.00 2.90

3、ドイツvsポルトガル  2.00 3.30 3.80

4、オーストラリアvsオランダ  9.00 5.00 1.28

5、スペインvsチリ  1.61 3.40 5.50

 

B組

6、コロンビアvsギリシア  1.73 3.25 5.50

7、アルゼンチンvsボスニア・ヘルツェゴビナ  1.44 4.33 7.00

8、ガーナvsアメリカ  2.50 3.10 2.90

9、ブラジルvsメキシコ  1.30 5.00 8.00

10、ロシアvs韓国  2.20 3.00 3.60

 

第701回 販売期間 6/1(土)~6/14(土)

A組

1、コロンビアvsギリシア  1.73 3.25 5.50

2、コートジボワールvs日本  2.60 3.00 2.90

3、日本vsギリシア  2.40 3.40 2.62

4、日本vsコロンビア  4.50 3.40 1.73

5、ギリシアvsコートジボワール  2.87 3.25 2.30

 

B組

6、ウルグアイvsコスタリカ  1.44 4.00 8.50

7、イングランドvsイタリア  3.00 2.87 2.60

8、ウルグアイvsイングランド  2.50 3.25 2.62

9、イタリアvsウルグアイ  2.25 3.25 3.00

10、コスタリカvsイングランド  7.50 4.50 1.36

 

第702回 販売期間 6/8(日)~6/21(土)

A組

1、ドイツvsガーナ  1.40 4.50 7.00

2、韓国vsアルジェリア  2.00 3.25 3.50

3、オランダvsチリ  2.15 3.30 3.30

4、イタリアvsウルグアイ  2.25 3.25 3.00

5、日本vsコロンビア  4.50 3.40 1.73

 

B組

6、ナイジェリアvsボスニア・ヘルツェゴビナ  3.00 3.20 2.25

7、ベルギーvsロシア  2.00 3.25 3.50

8、アメリカvsポルトガル  5.00 3.75 1.61

9、カメルーンvsブラジル  17.00 5.00 1.20

10、ギリシアvsコートジボワール  2.87 3.25 2.30

 

右の数字はウィリアムヒルのオッズで、真中が引き分けです。

 

仮に第701回のA組で、黄色に反転されたオッズをブックメーカーでマルチベットしたとすると、1.73×3×2.4×1.73×2.3≒49.56となります。

mini totoで一口100円に対し、10000円のリターンならオッズは100倍となり、100>49.56ですからこのオッズは悪くないと思います。

しかしやはり5試合を全て的中させるというのも、かなり難しいものがあると思います。

 

 

totoGOAL3:指定された3試合の各6チームの点を、0点(0)、1点(1)、2点(2)、3点以上(3)で予想する。

当選 当選条件 配当分配と当選金額 当選確率
1等 全て的中 60%(約10万円) 1/4096
2等 1チームはずれ 40% 1/228

 

一口100円

配当分配とは、売上金に占める配当割合のことです。

2013年の1等当選 1万2500本

 

第700回 販売期間 5/31(土)~6/14(土)

1、イングランドvsイタリア

2、コートジボワールvs日本

3、ドイツvsポルトガル

 

第701回 販売期間 6/1(土)~6/14(土)

2、コートジボワールvs日本

3、日本vsギリシア

4、日本vsコロンビア

 

第702回 販売期間 6/8(日)~6/21(土)

1、ドイツvsガーナ  1.40 4.50 7.00

4、イタリアvsウルグアイ  2.25 3.25 3.00

5、日本vsコロンビア  4.50 3.40 1.73

 

第704回 販売期間 6/26(木)~6/28(土)

1、コロンビアvsウルグアイ  1.95 3.25 4.20

4、オランダvsメキシコ  2.10 3.25 3.60

5、コスタリカvsギリシア  2.50 3.00 3.10

 

第705回 販売期間 6/29(日)~6/30(月)

1、ドイツvsアルジェリア  1.28 5.00 11.00

4、アルゼンチンvsスイス  1.50 4.00 7.00

5、ベルギーvsアメリカ  1.95 3.20 4.20

 

第706回 販売期間 7/3(木)~7/4(金)

ブラジルvsコロンビア  1.83 3.40 4.50

アルゼンチンvsベルギー  2.10 3.10 3.80

オランダvsコスタリカ  1.50 4.00 7.00

 

6チームの点数を当てるというのは容易なことではありませんが、オッズが1000倍なのでこれも妥当なところだと思います。

しかしやはり6チームの点数を全て的中させるのは、かなり難しいです。

 

 

まとめますとtotoは一口100円から購入できて、かなりの高配当が期待できますが、当てるのは相当に難しいと思います。

 

一方ブックメーカーは1試合だけでも賭けれて、マーケットが豊富なのが特徴です。

ブックメーカーのマーケットには、勝敗予想、正しいスコア、誰が得点を決めるか、前半戦の結果のベット、合計点のアンダーオーバー、ハンディキャップ戦、グループ抜け国予想、グループ優勝国予想等があります。

またブックメーカーは試合が始まる直前までマーケットは開かれていて、試合中でもライブベットができます。

ライブベットは試合の流れを観ながら賭けれますので、それだけ勝率も上がります。

 

totoが宝くじなのに対して、ブックメーカーは本当の賭けといった感じです。

 

totoブックメーカーも売り場へ行かずともインターネットで購入できますので、サッカーを賭けて観戦したい人は好みの方を選んで下さい。

totoは楽天でも購入できます。

 

またtotoを買う方でも、ブックメーカーのオッズを参考にするのはいいと思います

タグ

このページの先頭へ