メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカー投資僅かに上達

今年も暑い夏がやってきました。

それに伴いロンドンオリンピック2012が始まろうとしています。

ブックメーカーでもこのようなイベントがあるとユーザー数が多くなるそうです。

オリンピック絡みのアービトラージもあるかもしれません。

昨日もアービトラージに挑戦しました。

1時間で2試合に賭けることができました。

しかしそのうち1試合は買っている最中にオッズが変動してしまい保険買いの形になってしまいました。

まずはラグビーでPinnacleと5Dimes間で発生しました。

5DimesはMaxベット制限がベットするまで分からないので最初に買います。

アラートサイトでは5DimesはWarrington wolvesにハンディ-15.5でオッズが1.91と出ていたのですが5Dimesに行って見るとハンディ-16でオッズが1.909と出ていましたが近いので買ってしまいました。

Pinnacleは普通に買えました。

これが両ブックメーカーのベット確認画面です。

このハンディでWarrington wolvesが勝った場合$55×1.909=$104.995

Castleford Tiggersが勝った場合$45×2.3=$103.5

どちらが勝っても利益は出ることになります。

但しこれは厳密にはアービトラージではありません。

Warrington wolvesがハンディ-16ptsで勝った場合は

Pinnacleでは当然負け5Dimesでは$55の返金ということになり$45の損ということになります。

結果はCastleford Tiggersが勝ち$103.5獲得し$3.5利益が出ました。

 

もう1試合はサッカーのゴールラインSonderjyskE vs FC Copenhagen

 

ladbrokesの2.5goals overにはベットできたのですがMansion88の2.5goals underには間に合わずオッズが下がってしまいました。

合計点2.5点以上だと55×1.88=$103.4 戻ってきますが

合計点2.5点以下だと45×2.16=$97.2 となり$2.8損してしまいます。

結果は残念ながら2.5点以下でした。

 

結果として1時間で$0.7の利益です。

少ない^^

しかし+に転じただけでも少し上達した感じです。

 

タグ

ブックメーカー投資の実際のやり方

今までブックメーカー投資についていろいろと説明してきましたが今日は実際のベットの仕方について説明します。

まずはアラートサイトとそれぞれの登録ブックメーカーを立ち上げておきます。

最初にどこのブックメーカーにいくらくらい残高があるのか確認しておいて下さい。

基本的にそれぞれのブックメーカーに1ベット+αくらいあるのが理想です。

例えば1試合に$100ベットするとしたら$60~$65くらいがいいでしょう。

後は経験によってどのブックメーカーにアービトラージが発生しやすいか分かりますので調整して下さい。

あとはNetellerにおいておき金額が少なくなったら入金というのが理想です。

まずはアービトラージの発生を待ちます。

Pinnacleと5Dimes間でアービトラージが発生しました。

画像をクリックすると拡大されます。

Arb Alerts の欄がアービトラージ発生を表す所です。

RugbyでCastleford VS Warrington 戦で利益率は4.35%です。

まずはそこをクリックするとその試合の情報の詳細が中央に出てきます。

Leagueの種類はSuper leagueで賭けの種類はHANDICAP戦です。

PinnacleではCastleford Tiggersにハンディ+15.5ptsで2.3倍、5DimesではWarrington wolvesにハンディ-15.5ptsで1.91倍にベットしろという指示です。

右の計算機を使ってSettingsにベットする金額を入力すると割り振られます。

今回は$100ベットしますので100と入力しenterをクリックするとCastlefordに$45、Warringtonに$55と割り振られました。

ではそれぞれのブックメーカーにベットします。

ここでポイントなのですが5DimesはMaxベット制限がベットするまで分かりません。

よって先に5Dimesからベットします。

私も最初はやってしまったのですがPinnacleが先だとベットし終えた後5DimesにベットしMaxベット制限で片賭けというのが何回かありました。

5Dimes絡みのアービトラージは先に5Dimesにベットすることを推奨します。

 

5DimesではWarrington wolvesにハンディ-15.5ptsで1.91倍というのがなかったので一番近い-16ptsで1.909倍というのにベットします。

PinnacleではCastleford Tiggersにハンディ+15.5ptsで2.3倍というのがあったのでそれにベットしました。

 

 

これが両ブックメーカーのベット確認画面です。

このハンディでWarrington wolvesが勝った場合$55×1.909=$104.995

Castleford Tiggersが勝った場合$45×2.3=$103.5

どちらが勝っても利益は出ることになります。

但しこれは厳密にはアービトラージではありません。

Warrington wolvesがハンディ-16ptsで勝った場合は

Pinnacleでは当然負け5Dimesでは$55の返金ということになり$45の損ということになります。

結果はCastleford Tiggersが勝ち$103.5獲得し$3.5利益が出ました。

 

ではブックメーカー投資を始めてみましょう。

タグ

このページの先頭へ