メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカー投資入門レビュー

管理人のメグです

いよいよテニスの全仏オープンが開かれました。

さて今回はラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門をレビューします。

 

価格 1500円+税

2017年3月31日初版発行

著者 金川顕教

監修者 黒川こうき

 

この本は書店で見かけたのですが、ブックメーカー投資というフレーズに反応して即買いしてしまいました(笑)

 

日本でのブックメーカーの利用が違法かどうかも定かでない時分なのに、よくこういった本が表立って書籍化できたなと少し感心すると同時に驚いてしまいました。

 

ブックメーカーというのは主にスポーツベッティングをを対象とした海外のサイトで、要はスポーツギャンブルサイトですが、日本では知る人ぞ知るという感じで基本的にはインターネット利用者しか認識されていないのではないかと思っていましたが、リアルに書店で販売されたことによって認知度は非インターネット利用者にも広がっていったのではないかと思われます。

この功績は大きいと思います。

少なからずブックメーカーの普及ということに一役を買ったと思われます。

 

本の構成は第8章に分かれており、第1章と2章がブックメーカーの基本事項、第3章がサッカー編、第4章がテニス編、第5章と6章が実際に行う上での付随事項、第7章が成功事例、第8章がマインド、そしてQ&Aとなっています、

 

基本的にはブックメーカー投資初心者を対象とした本ですが、上級者でも十分発見の多い、よくまとまった本だと思います。

 

個人的な発見としましてはブックメーカー投資はやはりライブベッティングに旨味があるんだなと思いました。これは私もテニス片賭け投資をしていた時薄々気づいておりました。

賭ける対象のスポーツにできる限り精通して、選手の特徴も覚えて、実際に賭ける試合を見て、流れを読み判断するといったことです。

 

今全仏オープンがはじまっているところですので、先にテニス編を読んでしまいましたが、テニスは有力選手に堅く賭けて勝つという発想は一緒でしたが、オッズに開きがある場合(選手の実力差があると思われる場合)、ライブでゲームウィナーへベットするというのが目から鱗でした。

 

例えばこれは昨日の錦織戦ですが、これなら4+6+6+1+6+4+6+4=37もベットできることになります。

 

昨日のゲームは比較的もつれましたが、錦織選手にサーブ権がある場合はオッズは1.2前後、相手選手にサーブ権がある場合は2.2前後だった感じです。(各ゲームが始まる前のオッズ)

つまりそれほどオッズが低すぎでもない感じです。(大体6回に1回負けても損はないと言っています。)

 

1試合の中でもベット回数が多く、オッズもそれほど低くないというは確かに投資として旨味だと思いました。

 

使う時間としては1日2時間くらい(1試合を観戦するくらい)の時間を使って、月に投資資金の60%くらいを回収というのが目処です。

実際にオッズの変わるアービトラージと違い非現実的でないので、良心的な本だと思います。

 

またキャッシュアウトという大事な概念がでてきますが、これは損切りのようなもので、投資の上では重要な項だと思いました。

 

またいくつもの成功事例が載っているのも参考になります。

 

この本はサッカーとテニスが対象ですが、どちらをやるにしろ、そのスポーツによく精通することが成功の秘訣だと思います。

 

どんな流れで試合が運ばれるのか、字際にやってみれればベストです。

ゲームの流れが掴めれば、どんな感じでオッズが変わっていくのかに注目してみるといいです。

 

ルーレットの出目と違い試合に流れはありますから、きっと傾向は掴み易いと思います。

 

ブックメーカー投資で稼ぐのはそれほどたやすいことではありません。

なぜなら回数を重ねるにつれ、胴元の手数料もバカにならないからです。

まるでバイナリーオプションのような感じです。

ポジションを保有するなんていうこともできず、個人的にはブックメーカーよりFXの方が投資として楽に稼げる感じです。

市場の規模も違いますしね。

 

しかしブックメーカーは資金回収率が良いというメリットがありますので、スポーツ観戦が好きな方は是非チャレンジしてみる価値はあると思います。

また投資という概念を勉強する上でもブックメーカーは大いに利用価値がると思います。

 

 

ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門

 

 

 

タグ

2017年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:書籍

チリツモ・ブックメーカー投資法推測レビュー

こんにちは、管理人のメグです。

10月に入ってから急に寒くなってきた感じです。

 

ところで明日は凱旋門賞ですが、楽しみですね。

日本馬のオルフェーブルとキズナの奮闘に期待しています

 

 

今日は、チリツモ・ブックメーカー投資法を推測レビューしようと思います。

 

商品名 チリツモ・ブックメーカー投資法

販売者 株式会社エクステーション

運営統括責任者 武田信彦

監修者  高柳智和

 

実はこれ中身自体は、以前に推測レビューした「新・ブックメーカー投資法」と大きく変わるところはありません。

セールスレターで出てくる履歴画像が、2012年当時の新・ブックメーカー投資法で使われていた履歴画像と同じだからです。

 

変わったところと言えばセールスレターの見た目が良くなったことと値段が高くなったことですが、その分60日間のサポートと入室無期限の購入者フォーラムと返金保証が付いています。

 

しかしこの返金保証は少し酷いです。

 

手堅い投資法のはずなのに条件が「1ヶ月間指定のブックメーカーにて決められたルールに基づいて10回以上ベットして1回も勝てなかった場合。」では弱気過ぎますからね。

 

 

内容はアービトラージでなく、サッカーやテニスの鉄板試合の片賭け法になります。

 

セールスレターの見た目に比べて内容は非常に慎ましいです。

 

推奨されているブックメーカーはbet365です。

 

そして恐らく、競馬やサッカーの例からライブベット(試合の最中のベット)だと思います。

 

その分ブッキーオブライツよりかは再現性はあると思いますが、利益は非常に薄く継続して実践できる人は少ないと思います。

 

いくら手軽にできるとは言え、時間や試合を見つける労力は掛かるわけです。

 

私の場合はブッキーオブライツを実践した時は、試合探しに1時間以上掛かったこともありました。

 

セールスレターに偽りはないと思いますが、それが故にベッティングの履歴画像をよく見てから購入を検討してみて下さい。

一見チリツモの名の如く美味しいように見えますが、それ以上の時間と労力は割いているように思えます。

 

そしてこの手のベット法は利益が薄いため、一度負けると取り返すのが大変です。

そして以下の部分がこの商材の全てを要約しています。

 

tiritumo

 

ブックメーカー投資というのは勝率で勝てるものではありません。

ブッキーオブライツ2の結論を見ていただけると分かりますように、鉄板試合にベットし25試合中23試合勝ち(勝率92%)でしたが、それでもマイナスの収支になりました。

 

悪い商材とは言いませんが、コストパフォーマンスは悪そうで進んでやりたいとは思いません。

インフォトップでは売れているようですが、ギャンブル部門というのも、投資という概念で考えている人にとっては引っ掛かるところだと思います。

 

チリツモに限らず、ブックメーカー投資商材は全てギャンブル部門です。

投資というのは100%勝つことはありえず、リスクがつきもので、広義の意味ではギャンブルです。

しかしギャンブルというのは結果を運に任せるという感じがしますから、この部門に登録するということは「ブックメーカー投資は所詮ギャンブルの位置づけなのだろうか。」と考えてしまいます。

 

チリツモ・ブックメーカー投資法

タグ

2013年10月5日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:書籍

新・ブックメーカー投資法推測レビュー

管理人のメグです

ゴールデンウィークも今日が最後となりました。

いかがお過ごしでしょうか?

 

私は先日以下のメールを受け取りました。

 

はじめまして 検索していて、メグさんのサイトにたどりつき、真実を書いておられる姿勢に感銘を受けました。そこで、メグさんにお聞きしてみようと思いました。

新・ブックメーカー投資法なのですが、片がけ商材かと思うのですが、投資試合選択方法は実践は難しいものではないでしょうか?

あと、メグさんも体験されたように、オッズで投資試合を選択するとなると、オッズ取得時間によっては、オッズも変わりますので、投資試合かそうでないかの判定も変わってきます。このへん、新・ブックメーカー投資法では、どんなぐあいでしょうか?

実は、経済的困難を抱えていて、任意整理、住宅ローン減額等を経験しています。対策のひとつとして、ブックメーカー投資を検討しているのですが、メグさんのサイトにたどりつき、この方なら聞いてみようと思った次第です。どうぞ、よろしく、御願いいたします。

 

この方に返信したかったのですが、メールアドレスを間違えられているせいか送信しても戻ってきてしまいました。よってこの場で返答しようと思います。

 

新・ブックメーカー投資法に関してですが、私はこれを購入もしていませんしもちろん実践もしていません。

 

販売ページを見ていただけると分かると思いますが、「あるブックメーカー」とありますが、これはBet365のことです。

販売ページにある、取り引き履歴の画面を見れば、使っていた人にとっては一目瞭然です。

 

しかしこのブックメーカーは、アービトラージを実践していた時にMaxベット規制になったブックメーカーで使えなくなってしまったのです。

実践できない商材を買ってもしょうがないので購入しなかったというわけです。

むしろこの商材に関して情報がほしいのはこちらの方なのですが、経験から言わせていただくと強くおすすめできるものではありません。

 

私はスリーミニッツキャッシュ(アービトラージ)とブッキーオブライツ(テニスの片賭け)というブックメーカー投資を実践しましたがいずれもうまくいきませんでした。

 

素人がブックメーカーを相手に利益を上げ続けるというのは容易なことではありません。

 

販売ページにある取り引き履歴の画面に「Ruan Roelofse」とありますが、これをダグれば分かる通りテニスの選手名です。

そしてアービトラージでないとするとこれは「テニスの片賭け法」の類だと思います。

 

最初に販売されているブッキーオブライツでもこのブックメーカーを利用するため、ブッキーオブライツを元にして独自の理論を編み出した商材と予想されます。

 

しかし恐らく再現性はないと思います。

経験からそう感じ取れるのです。

 

時間ばかり無駄にして利益はほとんど出ず、悪くすると損をしてしまうというブッキーオブライツの類だと思います。

 

もしコスパが見合う商材であれば「新ブックメーカー投資法」でダグった時、必ず上位に説得力のある実践レビューサイトが出てくるはずですからね。

 

経済的に困窮とはお気の毒だと思いますが、私が与えてやれる情報は「ブックメーカー投資で稼ぐのは難しい。」ということだけです。

本当なら稼げる情報だったら良かったのですが、実践からこのような結論に辿り着いてしまったのは私としても残念でした。

ブックメーカーはスポーツベットを楽しむものと考えた方が良さそうです。

 

新・ブックメーカー投資法は現在名前を変えてチリツモ・ブックメーカー投資法として再販されています。(2013.10.5現在)

タグ

2013年5月6日 | コメント/トラックバック(7) |

カテゴリー:書籍

このページの先頭へ