メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

凱旋門賞2014ブックメーカーオッズ

管理人のメグです

今年の夏は暑かったり雨が多かったりと過ごしにくい夏でした。

広島の土砂崩れでは死者が70人を超え、1200人以上が避難生活を余儀なくされています。

西アフリカではエボラ出血熱が猛威を振るっており、感染者は最大2万人を超えるみたいです。

エボラ出血熱はまだ治療法がなく致死率が高いウイルス感染で、広がりの速度を考えると気持ちが悪いですね。

代々木公園で蚊に刺されてデング熱になった人の数も少なくなく、これも不気味なところです。

 

バッドニュースばかりですが今年もいよいよ9月に入り、来月の5日は凱旋門賞です。

久しぶりにブックメーカーをやって、気晴らしをしようと思います。

 

凱旋門賞2014(G1重賞,芝2400m)

日時:10月5日(日) 23:15出走予定(日本時間)

場所:ロンシャン競馬場

出走条件:サラブレッド3歳以上、負担重量は3歳56kg、4歳以上59.5kg、牝馬は1.5kg減

賞金総額:500万ユーロ(約7億1000万円)

 

今年は更に賞金総額が上がりました。

日本では増税や物価の上昇で消費が伸び悩んでいる時期に羨ましいです。

 

凱旋門賞2013

去年はオルフェーブルが惜しくもトレヴに敗れて、初の日本馬優勝はなりませんでしたが、今年はどういう展開を見せてくれるのか楽しみです。

 

ウィリアムヒルでは早くもオッズが公開されており、日本からも賭けられることもあって注目を集めています。

以下有力馬と日本馬を紹介します。

 

seethemoon

シーザムーン

2011.4.29産まれ ドイツ 牡 黒鹿毛

4戦4勝のドイツダービー馬です。

圧倒的な差をつけての勝利でしたが、無敗は凱旋門賞を通しても続くのか見物です。

逸走かとも思えた最終コーナーでしたが、力があり過ぎて遠心力で外側へ行ってしまった感じでした。

しかしそれでも2着と11馬身差もの勝利は次元の違いを感じました。

 

austraria

オーストラリア

2011.4.11産まれ イギリス 牡 栗毛

ウィジャボードとガリレオの血統を継ぎ、6戦4勝です。

今年は英ダービー(G1)と愛ダービー(G1)を立て続けに制覇し、勢いに乗っています。

ウィリアムヒルでも人気が高く、シーザムーンと並んでいます。

ウィジャボードはジャパンカップでも好成績を出しており、日本でも馴染みのある馬です。

 

Taghrooda

タグルーダ

2011.1.27産まれ イギリス 牝 鹿毛

5戦4勝の英オークス馬です。

英オークス、キングジョージⅥ&QESと今年2つのG1を制して好調です。

先日のヨークシャーオークスでは1/2馬身差でタペストリーに敗れ、連勝記録がストップしました。

しかし凱旋門賞への懸念はなさそうです。

 

justaway

ジャスタウェイ

2009.3.8産まれ 日本 牡 鹿毛

去年の秋の天皇賞を制しました。

ジェンティルドンナを大きく突き放しての勝利は見事でした。

今年は安田記念を制し、凱旋門賞へ挑みます。

2400のレースは最近出ていないのが気掛かりですが、きっと上手く調整してくると思います。

 

treve

トレヴ

2010.4.7産まれ フランス 牝 鹿毛

去年の凱旋門賞でオルフェーブルを敗り、凱旋門の壁の高さを感じさせた馬です。

7戦5勝ですが、今年は4月のガネー賞、6月のプリンスオブウェールズSに、2着、3着で惜しくも敗れてしまいました。

最後はいつもの伸びを欠いた感じでしたが、調子が悪いという感じでもありません。

凱旋門賞は特に地元産馬が強いレースなので、やはり有力馬ということに変わりはありません。

 

harpstar

ハープスター

2011.4.24産まれ 日本 牡 鹿毛

7戦5勝で今年は桜花賞を制し、最近では札幌記念もゴールドシップを一騎打ちで制し、万全の状態で凱旋門賞に挑みます。

いずれのレースも外側から追い上げ、際どい展開になっています。

2400で勝ちがないのが気掛かりですが、追い上げるタイミングさえ間違いなければ十分に勝てる馬だと思います。

今回出場する日本馬の中では、ジャスタェィに次いで2番人気です。

 

他にもヨークシャーオークスを制したタペストリーや今年の仏オークス馬アヴニールセルタン、仏ダービー馬ザグレイギャッツビー、イーグルトップ、キングストンヒル、ウィーアー、ゴールドシップ、テレスコープ、エクトット、プリンスジブラルタル、レッドリヴェール、シャムカラ、スピリットジム、ルーラーオブザワールド、フリントシャー、チキータ、フェオドーラ、ヴンダーが出走予定です。

 

マークが日本馬になります。

 

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe

9月3日時点のウィリアムヒルのオッズです。

 

今の段階では何とも言えないところですが、9/14のヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果を見てからベットしようと思います。

ロンシャン競馬場で芝2400ということもあり、凱旋門賞と条件は同じなので参考になると思います。

またこれらの結果によってはオッズが大きく動くこともあると思います。

 

 

追記 2014.9.15

2014年のヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果は以下の通りでした。

 

ヴェルメイユ賞

1位 バルチックバロネス

2位 ポモロジー

3位 ドルニヤ

4位 トレヴ

 

フォア賞

1位 ルーラーオブザワールド

2位 フリントシャー

3位 スピリットジム

 

ニエル賞

1位 エクトット

2位 Teletext

3位 Adelaide

 

これによってウィリアムヒルの凱旋門賞のオッズが以下のようになりました。

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe new

2014.9.15時点

1番人気はアヴニールサーテン、2番人気はタグルーダ、3番人気はエクトットです。

シーザムーンが消え、オーストラリアが後退しました。

エクトットが一気に3番人気に上がり、ルーラーオブザワールドも順位を上げました。

やはりヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果が大きく影響しているみたいです。

トレヴも去年のような勢いはない感じで、今回は日本馬も大いにチャンスはありそうです。

 

アヴニールサーテン

アヴニールサーテンは今年の仏オークス馬です。

トレヴも去年仏オークスを制して凱旋門賞を制しましたから、この勝利が人気を呼んだのではないでしょうか。

最後のガッツポーズにはにくいですね。

この馬はその前の仏1000ギニーも制しています。

 

ところで何に買うかですが、今年もやはり日本馬を応援しようと思います。

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe bet1

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe bet2

そういうわけでジャスタウェイとハープスターの単勝にそれぞれ$10ずつベットしました。

ジャスタウェイが勝てば$80に、ハープスターが勝てば$90になって戻ってきます

 

追記 2014.10.6

今年の凱旋門賞もトレヴが勝ちました。

最後の直線は去年同様素晴らしい突き抜け方で、他者の追走を許さないほぼ完勝と言えるような内容だったと思います。

今年は駄目かと思っていましたが見事でした。

 

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe result

凱旋門賞の連覇は1977年、1978年のアレジット以来となります。

3連覇はまだ記録がなく、こうなったら来年も優勝してほしいです

フリントシャーとタグルーダ、キングストンヒルがトレヴに続きます。

一方日本馬はハープスター6着、ジャスタウェイ8着、ゴールドシップ14着と今年も駄目でした。

よって私の賭けも負けてしまいました・・・・

 

日本馬が凱旋門賞を制する日は果たしてくるのでしょうか?

それを連想させるのが残念ながら難しいと思えるレースでした。

タグ

2014年9月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:凱旋門賞

ブックメーカーの2013凱旋門賞オッズ

管理人のメグです

 

今回は凱旋門賞について書こうと思います。

 

凱旋門賞とはフランスの ロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬G1レースです。

フランス語ではPrix de l’Arc de Triompheと書くそうです。

 

Hippodrome de Longchamp

ロシャン競馬場はパリの中心部から西に5kmほど離れた所にあります。

 

賞金総額は400万ユーロ、1着賞金が 2285600ユーロ(約3億円)(2012年)でしたが、今年は更に1着が約3億5千万円に増額されたようです。

 

芝2400m、出走条件はサラブレッド3歳以上で、負担重量は3歳56kg、4歳以上59.5kg、牝馬1.5kg減です。

 

第1回施行は1920年10月3日で、今年は92回目になります。

 

このレースの特徴としては過去のデータから、90回中65回がフランス調教馬が優勝、そのうち43回は3歳馬が制すというくらい、地元の3歳馬が強いレースです。

古馬と3歳馬の斤量差が3.5キロというのは結構大きいです。

 

去年は日本のクラッシック三冠馬オルフェーブルが、勝利を確信させた瞬間にフランスの牝馬ソレミアに鼻差で敗れてしまうという実に惜しい展開を見せました。

 

 

 

今年は日本からは再挑戦するオルフェーブルと、ディープインパクトの血を引く日本ダービー馬キズナが出走します。

 

9月15日に凱旋門賞の前哨戦と言われているフォワ賞とニエル賞では、それぞれ圧勝することができて、日本馬の強さを示すことができました。

 

2013年フォワ賞

赤帽子、ゼッケン番号7番のオルフェーブル。

最後はほぼ独走状態で、余裕すら感じられた。

 

2013年ニエル賞

赤と水色の帽子のゼッケン番号8番のキズナ。

終盤のたたき合いで競り勝った。

 

 

一方同日のヴェルメイユ賞(3歳以上 牝馬 G1 芝2400m)を制したフランスオークス馬トレヴが、今年の凱旋門賞制覇を狙う日本馬にとっては最大の脅威となりそうです。

 

2013年ヴェルメイユ賞

白の帽子のゼッケン番号5番のトレヴ。

最後は2馬身差で制した。

ハッキリ言ってスキが見当たりません。

 

 

この日を境にウィリアムヒルのオッズが大きく変動しました。

15日までのオッズ。

 

2013Prix de l’Arc de Triomphe

15日からのオッズ。

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 9.26

26日時点のオッズ。

オルフェーブルとキズナの人気がまた少し上がったみたいです。(2013.9.26)

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 10.3

10月3日時点の最新オッズです。

オルフェーブルとキズナの人気がさらに上がりました。(2013.10.3)

 

 

フリントシャーに替わってオルフェーブルが一番人気となりました。

トレヴとキズナの人気も上がりました。

やはりフォワ賞、ニエル賞、ヴェルメイユ賞の影響は大きかったみたいです。

 

尚オッズは買った時点のオッズが適用されるため、15日以前にオルフェーブルに買っていたら6.00倍が有効となるのもブックメーカー方式の面白いところです。

 

現在でもオルフェーブルの3.75倍は悪くは無いと思うのですが、競馬って意外に当たらないのですよね(笑)

私も何度か馬券を買ったことがありますが、ほとんど当たった試しはありません。

多分ブックメーカーの対象競技の中で、競馬は最も当てるのが難しいのではないかと思います。

趣味で購入する分にはいいと思いますが、競馬はブックメーカー投資でやる分には向かないような気がします。

 

とは言うものの一応オルフェーブルに$10ほど買っておくことにしました

2013Prix de l’Arc de Triomphe bet

 


William Hill Sports

タグ

2013年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:凱旋門賞

このページの先頭へ