メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

競馬配当脱税裁判の判決とブックメーカー投資の税金

管理人のメグです

 

今年は梅雨入りが早いそうですが、梅雨が明けてしまえばもう夏の到来です。

5月の連休中は確か北海道で雪が降っていましたが、なんか春を感じさせないような天候です。

 

先月23日競馬配当脱税裁判の判決が出て、被告人の元会社員は懲役2ヶ月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡されましたが、ハズレ馬券は経費になることが認められて脱税額が大幅に減額されました。

 

実質的には勝訴で私もこの判決で良かったと思います。

 

こういう結果になってくれないと、ブックメーカー投資で利益を上げれた時、どう考えても税金の方がバカ高くなってしまいますからね。

 

この問題で学んだことは、競馬投資とブックメーカー投資を照らし合わせて考え、ブックメーカーの利用も単発的なベットで利益を上げたのなら一時所得になりますが、最初から投資をする目的で継続的にベットをし続けたのなら、それで得た利益は雑所得になりハズレたベット金額は経費にしてもいいということです。

 

継続的なベットというのもイマイチ曖昧ですが、度々ブックメーカーを利用して本人が投資を目的にベットをしてると言えばそれでいいような気もします。

娯楽を目的とした単発的なベットなのか、利益を上げることを目的とした長期的なベットなのかは第三者から見ても分かりにくいですからね。

 

またこの元会社員は馬券購入をオンラインでソフトにて自動でやらせていたそうですが、まるでFXの自動投資ソフトを連想させます。

ブックメーカーでも特定のスポーツで、選手のデータを照らし合わせて結果を予想してくれるソフトが出てくれば、このようなことができるかもしれません。

 

 

ところでウィリアムヒルにて日本語カスタマーサービスが始まりました。

これでウィリアムヒルで何か分からないことがありましたら、日本語で質問ができるようになりました。

また日本のプロ野球もベット対象になりました。

 

最近急速に日本人ユーザーが増えてきているウィリアムヒルですが、スポーツブック初心者の方がよくやってしまうことは、登録時に住所や電話番号に適当なものを記入してしまうことです。

これは出金のときに、本人確認ができなくなってしまうためトラブルになりがちです。

ブックメーカーはマネーロンダリングなどの悪用を防ぐため、本人確認を重視しています。

ブックメーカー登録時には必ず住所や電話番号等、正確な情報を記入するようにして下さい。

もし間違えて記入してしまったら早めに登録情報を訂正しておいて下さい。

タグ

2013年6月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

競馬配当「脱税」裁判

お久しぶりの更新となります。

管理人のメグです

 

WBC残念でしたね。

私はまさか準決勝でプエルトリコに敗れるとは思ってもみませんでした。

しかしさすがにメジャーの投手陣は強く、相手の方が実力が上回ってたのかなと感じました。

侍ジャパンも、中日ドラゴンズの 井端選手や福岡ソフトバンクホークスの内川選手をはじめ活躍してくれたのですが本当に惜しかったです。

お疲れ様でした。

 

 

ところで最近気になる話題がありましたので記事にしようと思いました。

それは、競馬配当「脱税」裁判です。

 

元会社員の男性が2007~2009年に馬券購入に計約28億7000万円をつぎ込み、得た計約30億1000万円の配当金に対する所得税の問題です。

男性は所得税(一時所得)を全体の利益から馬券全体の購入額を差し引いた1億4000万円を申告しましたが、大阪国税局が指摘した課税額は約5億7000万円と経費は勝ち馬券の購入金額だけで、負けた馬券の購入金額は含まれないと主張した問題です。

 

判決は5月23日に言い渡されるそうですが、これは何も競馬に限ったことではなくブックメーカーをやっている人達にとっても見過ごせない問題だと思います。

 

勝ち金が大きいためこのように叩かれるのだと思いますが、どういう判決が出るのか興味深いところです。

もしこの判決が有罪になってしまったら、公営ギャンブルをやる人は控え気味になってしまうのではないでしょか?

 

Yahoo! ズバリ予想も2013年4月24日(水)で終了してしまいますし、日本ではどうもスポーツベッティングに関しては寛容ではないみたいです。

 

 

これはあくまで個人的な意見になりますが、賭けによる利益に税金を掛けるのもいかがなものかと思います。

賭けによるリターンとリスクは等価なもので、100万円の利益を上げようと思ったら100万円或いはそれ以上をリスクに曝さねばなりません。

勝ったというのはあくまでも結果であって、失うリスクと得るリターンは差し引き0の状態です。

 

労働というのはノーリスクでお金を得られるために、報酬を得るといった意味では労働者には優しいと思います。

しかし賭けというのは勝者と敗者が必ずいるため、利益を上げるというのは労働ほど優しいものではありません。

 

賭けで得た利益に対して税金を掛けるのはナンセンスのような気がしてなりません。

最も日本で賭博は禁止ですが。

 

しかしブックメーカーを使うというのは、日本で今のところは違法でないので安心して利用して下さい。

賭博罪には、国外犯処罰規定がない事と相手を共犯として立証し処罰なければいけないため、相手が海外のブックメーカーでは処罰ができないからです。

 

もしブックメーカーを使うことが禁止になるとしましても、正式に公表があると思います。

その時はこのブログも運営できなくなると思います。

 

最後にギャンブルの還元率ですが、ブックメーカーは圧倒的な高さを誇ります。

それに引き換え宝くじは、ブックメーカーはおろか競馬やパチンコに比べても大分低いです。

 

これは宝くじの利益の一部が公共事業やスポーツ振興に役立てられるためであり、言い換えれば既に税金を払った額が配当になるという見方もできます。

 

競馬配当脱税の判決がどうでるか分かりませんが、いずれにしろブックメーカーを使って得た利益は課税の対象になることだけは頭の片隅に入れておいて下さい。

 

それでは失礼します

タグ

投資会社スピーシーアービトラージ被害

7月27日(金)の産経新聞によると月3~10%の高配当をうたって出資金を集めていた投資会社「スピーシー」(大阪市)が、5月に配当を中止し、解約にも応じない状況になっていることが分かったそうです。

出資者は少なくとも全国約6000の個人・法人、出資金は計約360億円に上り、出資者の一部は8月中にも返金を求めて集団訴訟を起こす予定で、代理人弁護士は「出資法違反などにあたる疑いが強い」と指摘しているそうです。

360億円はさすがにすごいですね。

これどうなっちゃうのでしょうか?

ブックメーカー投資は確かに長くやるとどんどん利益が出ると思いますがMaxベット制限やオッズの変動による片賭け等のリスクがあるのは確かです。

そもそもブックメーカー投資はブックメーカーに依存するためにここが規制を掛けてしまえばできないことになってしまいます。

ぶちゃけそんな大金を賭けて勝てたとしてもブックメーカーが拒否してしまえば試合は無かったことになります。

そうすればもう一方のブックメーカーで賭けた分は丸損です。

私もいずれはMaxベット制限でブックメーカーがどんどん使えなくなってくるかもしれません。

ブックメーカー投資というものがどういうものなのか理解もせずに出資する人もどうかと思いますが、デメリットを伝えず360億円も集める「スピーシー」ははっきりいって詐欺会社で諸悪の根源ですね。

出資しようと考えている人はブックメーカー投資を人にやってもらう前に自分で体験して見ればいいのです。

Netellerとおすすめのブックメーカーに登録し、アラートサイトを使って自分でやってみてから判断すればいいのです。

結構、難しいのが分かると思います。

しかしやっている感じポイントをしっかりと掴みリスクを理解しそのリスクを回避する最善の方法を試みればFXのように大きく損をすることはないと思います。

扱うブックメーカーの数にもよりますが大体平均1時間やって1~2ベットくらいです。

また一試合にどれだけ賭けれるかの金額にもよりますが始めの頃は怖くてなかなか大金を賭けきることができません。

私なども実践始めて1カ月ほどになりますが日記をみていただけると分かるようにまだ1試合$100しかベットしていません。

もう少しブックメーカー投資の性質が理解できたら金額を吊り上げてどんどん稼いでいきたいと思っています。

 

昨日は初めてドローのある試合に賭けれました。

 

Angers vs sedan のto win match で$1.23の利益です。

しかしNew York mets 戦で5dimesではOverだったのに間違えてUnderに賭けてしまいました。

こういうミスをやってしまうのです。

しかしその後Pinnacleで保険買いしておいたのが功を奏し被害金額を最小限に食い止めました。

-$2.38です。

結局のところ-$1.15で済みました。

 

ブックメーカー投資を始めてまだ日は浅いのですが資金管理表はつけておいた方が良さそうです。

 

ところで今日はロンドンオリンピック女子バレーです。

それぞれのブックメーカーのオッズを見てみます。

 

Pinnaclesports

 

5dimes

 

ハンディキャップでこれですから手堅く勝てそうですね。

ブックメーカー初心者の方は見ていただけると分かる通りブックメーカー間でそれぞれオッズが異なります。

これがつまりブックメーカー投資で利益を上げる原理となっているものなのです。

ただしこの試合はアービトラージではありませんから勘違いしないで下さい。

 

タグ

2012年7月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

このページの先頭へ