メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカーの2013凱旋門賞オッズ

管理人のメグです

 

今回は凱旋門賞について書こうと思います。

 

凱旋門賞とはフランスの ロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬G1レースです。

フランス語ではPrix de l’Arc de Triompheと書くそうです。

 

Hippodrome de Longchamp

ロシャン競馬場はパリの中心部から西に5kmほど離れた所にあります。

 

賞金総額は400万ユーロ、1着賞金が 2285600ユーロ(約3億円)(2012年)でしたが、今年は更に1着が約3億5千万円に増額されたようです。

 

芝2400m、出走条件はサラブレッド3歳以上で、負担重量は3歳56kg、4歳以上59.5kg、牝馬1.5kg減です。

 

第1回施行は1920年10月3日で、今年は92回目になります。

 

このレースの特徴としては過去のデータから、90回中65回がフランス調教馬が優勝、そのうち43回は3歳馬が制すというくらい、地元の3歳馬が強いレースです。

古馬と3歳馬の斤量差が3.5キロというのは結構大きいです。

 

去年は日本のクラッシック三冠馬オルフェーブルが、勝利を確信させた瞬間にフランスの牝馬ソレミアに鼻差で敗れてしまうという実に惜しい展開を見せました。

 

 

 

今年は日本からは再挑戦するオルフェーブルと、ディープインパクトの血を引く日本ダービー馬キズナが出走します。

 

9月15日に凱旋門賞の前哨戦と言われているフォワ賞とニエル賞では、それぞれ圧勝することができて、日本馬の強さを示すことができました。

 

2013年フォワ賞

赤帽子、ゼッケン番号7番のオルフェーブル。

最後はほぼ独走状態で、余裕すら感じられた。

 

2013年ニエル賞

赤と水色の帽子のゼッケン番号8番のキズナ。

終盤のたたき合いで競り勝った。

 

 

一方同日のヴェルメイユ賞(3歳以上 牝馬 G1 芝2400m)を制したフランスオークス馬トレヴが、今年の凱旋門賞制覇を狙う日本馬にとっては最大の脅威となりそうです。

 

2013年ヴェルメイユ賞

白の帽子のゼッケン番号5番のトレヴ。

最後は2馬身差で制した。

ハッキリ言ってスキが見当たりません。

 

 

この日を境にウィリアムヒルのオッズが大きく変動しました。

15日までのオッズ。

 

2013Prix de l’Arc de Triomphe

15日からのオッズ。

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 9.26

26日時点のオッズ。

オルフェーブルとキズナの人気がまた少し上がったみたいです。(2013.9.26)

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 10.3

10月3日時点の最新オッズです。

オルフェーブルとキズナの人気がさらに上がりました。(2013.10.3)

 

 

フリントシャーに替わってオルフェーブルが一番人気となりました。

トレヴとキズナの人気も上がりました。

やはりフォワ賞、ニエル賞、ヴェルメイユ賞の影響は大きかったみたいです。

 

尚オッズは買った時点のオッズが適用されるため、15日以前にオルフェーブルに買っていたら6.00倍が有効となるのもブックメーカー方式の面白いところです。

 

現在でもオルフェーブルの3.75倍は悪くは無いと思うのですが、競馬って意外に当たらないのですよね(笑)

私も何度か馬券を買ったことがありますが、ほとんど当たった試しはありません。

多分ブックメーカーの対象競技の中で、競馬は最も当てるのが難しいのではないかと思います。

趣味で購入する分にはいいと思いますが、競馬はブックメーカー投資でやる分には向かないような気がします。

 

とは言うものの一応オルフェーブルに$10ほど買っておくことにしました

2013Prix de l’Arc de Triomphe bet

 


William Hill Sports

タグ

2013年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:凱旋門賞

女子バレー ワールドグランプリ2013日本VS中国にベット

メグです

 

今年の夏は格別な暑さでしたね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

最近はブックメーカー投資から遠ざかっていましたが、昨日久しぶりに女子バレー ワールドグランプリ2013日本VS中国にベットする気になりました。

不遜ながら中国に買いました(笑)

 

ブックメーカーは一番オッズの高かったピナクルスポーツを使いました。

 

結果はご存知の通りフルセットで僅差ながら中国が勝ちました。

 

japan vs china

 

World Grand Prix 2013 Japan vs China

 

World Grand Prix 2013 Japan vs China result

 

お陰様で$100をベットして$15.6勝ちました

 

なんでこんなことをする気になったのかと言いますと、ブッキーオブライツの購入者限定通信で最近予想配信をしてくれるのです。

中国対イタリア(中国勝ち)、日本対ブラジル(ブラジル勝ち)とその前も当てていたので、前日のメールを見て買う気になりました。

 

鉄板試合と言えば、やはり、

●日本 4.75倍 vs  中国 1.15倍

でしょう!

中国に賭けておけば問題ないと思います。

なので、ワールドグランプリ4日目は、

●中国 1.15倍のみ

で、OKだと思います。

 

サスケさんのメールはこんな感じでした。

sasuke

 

しかし鉄板試合と言ってもこんなに接戦になるのですから、スポーツはやはり分からないものですね。

中国対イタリアも途中のセットカウント(1-2)は負けていましたしね。

 

昨日は、江畑選手が好調だったのと木村選手がふっきれて持ち味を出しきれていたのと宮下選手のサーブが正確だったのが、ここまで中国を苦しめた原因だと思います。

 

選手の調子まではさすがに予想できないので、スポーツの結果を当てるのはやはり大変だなと思いました。

格闘技のUFCも予想されていますが、今日はバレーもUFCもスルーみたいですね。

 

勝った後出金しましたが、15分も経たないでNetellerへ反映したのには驚きました

タグ

2013年9月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:バレーボール

このページの先頭へ