メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

投資会社スピーシーアービトラージ被害

7月27日(金)の産経新聞によると月3~10%の高配当をうたって出資金を集めていた投資会社「スピーシー」(大阪市)が、5月に配当を中止し、解約にも応じない状況になっていることが分かったそうです。

出資者は少なくとも全国約6000の個人・法人、出資金は計約360億円に上り、出資者の一部は8月中にも返金を求めて集団訴訟を起こす予定で、代理人弁護士は「出資法違反などにあたる疑いが強い」と指摘しているそうです。

360億円はさすがにすごいですね。

これどうなっちゃうのでしょうか?

ブックメーカー投資は確かに長くやるとどんどん利益が出ると思いますがMaxベット制限やオッズの変動による片賭け等のリスクがあるのは確かです。

そもそもブックメーカー投資はブックメーカーに依存するためにここが規制を掛けてしまえばできないことになってしまいます。

ぶちゃけそんな大金を賭けて勝てたとしてもブックメーカーが拒否してしまえば試合は無かったことになります。

そうすればもう一方のブックメーカーで賭けた分は丸損です。

私もいずれはMaxベット制限でブックメーカーがどんどん使えなくなってくるかもしれません。

ブックメーカー投資というものがどういうものなのか理解もせずに出資する人もどうかと思いますが、デメリットを伝えず360億円も集める「スピーシー」ははっきりいって詐欺会社で諸悪の根源ですね。

出資しようと考えている人はブックメーカー投資を人にやってもらう前に自分で体験して見ればいいのです。

Netellerとおすすめのブックメーカーに登録し、アラートサイトを使って自分でやってみてから判断すればいいのです。

結構、難しいのが分かると思います。

しかしやっている感じポイントをしっかりと掴みリスクを理解しそのリスクを回避する最善の方法を試みればFXのように大きく損をすることはないと思います。

扱うブックメーカーの数にもよりますが大体平均1時間やって1~2ベットくらいです。

また一試合にどれだけ賭けれるかの金額にもよりますが始めの頃は怖くてなかなか大金を賭けきることができません。

私なども実践始めて1カ月ほどになりますが日記をみていただけると分かるようにまだ1試合$100しかベットしていません。

もう少しブックメーカー投資の性質が理解できたら金額を吊り上げてどんどん稼いでいきたいと思っています。

 

昨日は初めてドローのある試合に賭けれました。

 

Angers vs sedan のto win match で$1.23の利益です。

しかしNew York mets 戦で5dimesではOverだったのに間違えてUnderに賭けてしまいました。

こういうミスをやってしまうのです。

しかしその後Pinnacleで保険買いしておいたのが功を奏し被害金額を最小限に食い止めました。

-$2.38です。

結局のところ-$1.15で済みました。

 

ブックメーカー投資を始めてまだ日は浅いのですが資金管理表はつけておいた方が良さそうです。

 

ところで今日はロンドンオリンピック女子バレーです。

それぞれのブックメーカーのオッズを見てみます。

 

Pinnaclesports

 

5dimes

 

ハンディキャップでこれですから手堅く勝てそうですね。

ブックメーカー初心者の方は見ていただけると分かる通りブックメーカー間でそれぞれオッズが異なります。

これがつまりブックメーカー投資で利益を上げる原理となっているものなのです。

ただしこの試合はアービトラージではありませんから勘違いしないで下さい。

 

タグ

2012年7月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

保険買いせずに大幅利益

ロンドンオリンピック2012のサッカー男子がスペインに勝ちました。

あの世界ランク1位のスペイに勝つなんて、前にブラジルに勝った時みたいでした。

なんか前途洋々ですね。

オリンピック楽しみです。

 

さて昨日もアービトラージに挑戦しました。

最初の30分は全くアラートが出ずに待つ形となりましたがその後に突然頻発しました。

おかげさまで2試合買うことができたのですがそのうちの一試合はやはりオッズの変動でアービトラージ不成立になってしまいました。

まずは一試合目、5dimes、ladbrokes間で発生します。

UEFA、SoccerのAktobe VS Milsamiでアジアンラインハンディキャップです。

5dimesではAktobeにハンディ-1.5でオッズ2.13に$45、ladbrokesではMilsamiにハンディ+1.5でオッズ1.92に$50買うように指示がありました。

例によって5dimesで先に買います。

その後ladbrokesでなんとか買うことができました。

以下の通りです。

 

Aktobeがハンディ-1.5で勝った場合 $45×2.13=$95.85

Milsamiがハンディ+1.5で勝った場合 $50×1.92=$96

と少ないながらもどちらが勝手も利益が出ます。

結果はAktobeが勝ちました。

$0.85の利益です。

 

もう1試合もやはりサッカーKuPS VS MaccabiでLadbrokes、Pinnacle間で発生しladbrokesでは買えたもののPinnacleでオッズが変動してしまいました。

保険買いも考えたのですがオッズが2.46まで下がってしまいこのまま賭けると$35×2.46=$86.1となり$14も損をしてしまいます。

Maccabiの方はオッズが1.68だったのでまあかたいラインだろうと考え片賭けの勝負に出ることにしました。

 

これが功を奏しました。

$65が$109.2となり$44.2勝ちです。

結果として合計$45.05勝ちです。

1時間でこの利益はおいしかったです。

楽しくなってきましたので今日も挑戦します。

タグ

ブックメーカーとは

ブックメーカー投資という海外のブックメーカーサイトを使った100%負けなしの特殊な投資法がありますが今日はブックメーカーについて説明します。

ブックメーカーとは海外の政府公認のスポーツギャンブルを扱う胴元のことです。

日本ではスポーツギャンブルというと野球賭博などをイメージしあまりいい印象はなくそもそも違法です。

しかし海外ではスポーツギャンブルは一般的で当たり前なのです。

多くの方は自分の応援したいチームに賭けて試合を観戦するのです。

サッカー、野球、バスケットボール、バレー、テニス、ゴルフ、サイクリング、ラグビー、ボクシング、オリンピック、ワールドカップ、EUROなど様々なスポーツギャンブルを楽しむことができます。

また非常に還元率もよく日本のサッカーくじや競馬などとは比較になりません。

日本の競馬は大体70%、サッカーくじは50%ですがブックメーカーを利用したスポーツベッティングは98%です。

例えば今日は6月25日現在でPinnaclesportsのEuro2012を見てみればスペインVSポルトガル戦、ドイツVSイタリア戦の結果に買うことができます。

 

例えばスペインVSポルトガル戦のto win matchを見てみますとスペイン勝ちが2倍、ポルトガル勝ちが4.45倍、ドローが3.36倍となています。

これを元にペイアウト率(還元率)を計算してみますと

1/(1/2+1/4.45+1/3.36)≒0.978

還元率は97.8%となります。

胴元の取り分はたった2.2%です。

場所を取らずにサイトで取引ができるため最小限の仲介手数料で済むのです。

海外でスポーツブックは非常に高い還元率で人気があるのです。

 

ブックメーカーは世界に2000社以上もありますが同じ試合でもオッズがまちまちなのです。

この複数のブックメーカーのオッズ差を利用して利益を出すのがブックメーカー投資になるのです。

 

しかしそうなるとブックメーカーを利用するということになりそもそも日本では賭博行為に当たり違法なのではないかと疑問が出てきます。

明日はこれが本当に違法行為に当たるのかをみていきたいと思います。

 

タグ

ブックメーカー投資僅かに上達

今年も暑い夏がやってきました。

それに伴いロンドンオリンピック2012が始まろうとしています。

ブックメーカーでもこのようなイベントがあるとユーザー数が多くなるそうです。

オリンピック絡みのアービトラージもあるかもしれません。

昨日もアービトラージに挑戦しました。

1時間で2試合に賭けることができました。

しかしそのうち1試合は買っている最中にオッズが変動してしまい保険買いの形になってしまいました。

まずはラグビーでPinnacleと5Dimes間で発生しました。

5DimesはMaxベット制限がベットするまで分からないので最初に買います。

アラートサイトでは5DimesはWarrington wolvesにハンディ-15.5でオッズが1.91と出ていたのですが5Dimesに行って見るとハンディ-16でオッズが1.909と出ていましたが近いので買ってしまいました。

Pinnacleは普通に買えました。

これが両ブックメーカーのベット確認画面です。

このハンディでWarrington wolvesが勝った場合$55×1.909=$104.995

Castleford Tiggersが勝った場合$45×2.3=$103.5

どちらが勝っても利益は出ることになります。

但しこれは厳密にはアービトラージではありません。

Warrington wolvesがハンディ-16ptsで勝った場合は

Pinnacleでは当然負け5Dimesでは$55の返金ということになり$45の損ということになります。

結果はCastleford Tiggersが勝ち$103.5獲得し$3.5利益が出ました。

 

もう1試合はサッカーのゴールラインSonderjyskE vs FC Copenhagen

 

ladbrokesの2.5goals overにはベットできたのですがMansion88の2.5goals underには間に合わずオッズが下がってしまいました。

合計点2.5点以上だと55×1.88=$103.4 戻ってきますが

合計点2.5点以下だと45×2.16=$97.2 となり$2.8損してしまいます。

結果は残念ながら2.5点以下でした。

 

結果として1時間で$0.7の利益です。

少ない^^

しかし+に転じただけでも少し上達した感じです。

 

タグ

ブックメーカーを使うことの違法性

今日はブックメーカーを使うことの違法性について説明します。

結論から言ってしまえば違法ではありません。

日本で賭けというのは確かに違法ですがオンラインに関しては運営側の国の法律によって決まるからです。

よって日本で海外のサイトを使ってスポーツの結果を賭けるのはそのサイトを運営している国が認めていれば問題ないのです。

日本人もラスベガスに行ってカジノを楽しみますがそこでお金を賭けて遊んでも日本の法律で罰せられることはないですよね。

それと一緒です。

そもそもブックメーカーを使ってスポーツギャンブルを楽しんで賭博行為で逮捕されたという例は過去にありません。

日本では相撲で野球賭博が問題になったり結構うるさいですが何もヤミでやる必要はないのです。

アメリカのブックメーカーピナクルスポーツでも日本のプロ野球は対象になっていますからブックメーカーを利用すれば何も問題ないのです。

 

ピナクルスポーツでは勝敗に賭けるなら予告先発投手が当番するかどうかも当てねばなりません。

 

ブックメーカーの高い還元率に関しては前回記した通りです。

日本でヤミで野球賭博をしても違法だし胴元の手数料も安くないと思いますが海外のブックメーカーを使えば堂々と合法でできて98%と還元率も高いのです。

タグ

GOAL LINE

賭けの種類の一つにGOAL LINE(OVER UNDER)というものもあります。

 

これは両チームの合計得点が、それ以上(o)か以下(u)かに賭けるということです。

 

例えば2.5 goals overだったら両チームの合計得点が2.5以上なら勝ち2.5以下なら負けとなります。

よってこの場合実際には3点以上なら勝ち、2点以下なら負けということです。

 

またアジアンハンディキャップみたいに0 and 0.5 goals underといった表記もありますがこれは0と0.5点以下に半々ずつベットするという意味です。

この場合だと0点だった場合0の分は返金扱いになり、0.5点分が勝ちということになります。

 

ブックメーカー投資ではハンディキャップとGOAL LINEがよく出ます。

 

Full time resultの場合は引き分けというのがあるため賭ける場所が3カ所になってしまいますが、ハンディキャップとGOAL LINEの場合は2ヶ所しかないので出現頻度からみても、それぞれのブックメーカーでハンディキャップとGOAL LINEの位置を抑えておきたいですね。

 

まずはここから賭けれるようになってください。

タグ

2012年7月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:賭けの種類

ハンディキャップ

今日は賭けの種類の1つハンディキャップについて説明したいと思います。

 

ブックメーカーではベット画面でよく左側に現れます。

0、0.5とか小数(デシマル)表示されているものです。(中には+1 1/2(+1.5のこと)のように分数表記されているブックメーカーもあります。)

数字の横には+、-がついています。

 

これはハンディの数字そのものを表し、+0.5 ならそのチームは0.5点分ハンディを貰っているということになります。

 

ハンディキャップの場合は、ハンディ付きで引き分けた場合は賭け金が返金されます。

例を出した方が分かりやすいので例で説明します。

 

例1)

チームA +1 1.8倍

チームB -1 2.2倍

この場合はチームAに1点のハンディがあるということでチームAに$10賭けたとすると、A対Bで0-0ならAチームの勝ち(払い戻し$18)、0-1なら引き分け(返金$10)ということになります。

チームBに$10賭けたとするとA対Bで0-0ならAチームの勝ち(払い戻し$0)、0-1なら引き分け(返金$10)ということになります。

 

例2)

チームA +0.5 1.8倍

チームB -0.5 2.2倍

この場合はチームAに0.5点のハンディがあるということでA対Bで0-0ならAチームの勝ち、0-1ならBチームの勝ちということになります。

つまり引き分けというのがありません。

 

例3)

チームA +0、0.5 1.8倍

チームB -0、0.5 2.2倍

この場合ハンディに0、0.5という数字が出てきましたが、これは0と0.5の間を取って0.25という意味です。

この場合も引き分けがありませんが、払い戻し額が変わってきます。

チームAに$10賭けたとするとチームAの+0に$5、+0.5に$5賭けたという意味になります。

つまりA対Bで0-0ならAチームの勝ち(払い戻し$14)ということになります。

払い戻し$14の内わけは、返金$5(+0の分が引き分けだから)+勝金ドル9(+0.5の分が勝ちだから5×1.8=9)ということです。

 

尚、0の場合をPKと表示されている場合もあります。

ハンディキャップの賭けは、勝ちか負けかだけを予想したい場合に使われます。

 

タグ

2012年7月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:賭けの種類

おすすめ口座はNETELLER

ブックメーカー投資をやるならそれぞれのブックメーカーに入金をしなければいけません。

しかしブックメーカーはオンラインカジノの分類でクレジットカードに対応していないところがほとんどです。

ブックメーカー側ではOKでもほとんどのクレジットカード会社は規制してきます。

そこでブックメーカーに対応している口座が必要となってきますがおすすめはNetellerです。

Netellerとは正式名を「NETELLER Limited」と呼びロンドン株式市場 (AIM) に株式を公開している優良企業で英国金融サービス機構(Financial Services Authority)により認可され、その監視下で運営されていますので安心して利用できます。

Netellerはほとんどのブックメーカーだけでなくオンラインカジノオンラインポーカーオンライン麻雀にも対応しています。

Netellerの口座を開設することで自由に入出金することが可能となります。

手順としてはあなたの日本の口座からNeteller口座へ楽天銀行を通して資金を移送します。

次にNetellerからそれぞれのブックメーカーへ資金を移送するという形になります。

出金はブックメーカーからNetellerへ移送しNetellerからセブンイレブンや郵便局のATMにて引き落とすということになります。

尚、ATMにて引き落とすにはアップグレード(Net+ Prepaid Card)を申込みしなければいけません。

そんなに難しいことではありませんから手順に従って進めて下さい。

Netellerの口座開設

 

タグ

どうしてもやってしまう片賭けのミス

ブックメーカー投資を実践するに当たり最初に躓いてしまうのが片賭けのミスです。

私もまだ慣れていなく痛いミスを連発してしまいました。

確か先週の金曜日だったと思います。

その時pinnacle sportsと5dimesで頻繁にアービトラージが発生しました。

今実践しているのはスリーミニッツキャッシュです。

 

去年の始め頃オークションを実践するにあたり加藤賢さんのメルマガを読んでいたとき号外から北川賢一さんのスリーミニッツキャッシュを紹介されました。

「3分で稼ぐ」とか「100%負け無しの投資」とか「あまりにも簡単にお金が稼げすぎて廃人になる。」とか怪しいけど興味をそそる文言でした。

最終的にはスリーミニッツキャッシュのオファーがきましたがあまりにも高額すぎる商材だったので最初はためらいました。

しかしきになってしかたないのです。

結局は買ってしまいました^^;

 

それから実践するにあたり最初の壁はNetellerのアップグレードでした。

申し込んだにも関わらず1カ月もNetellerから連絡がなかったのにはモチベーションも失せてきました。

もう一度連絡してようやくアップグレードができました。

アップグレードは多くのお金を引き出したり、ATMや郵便局にて引き落とすのにどうしても必要なのです。

当時は電話での確認が必要だったのでNetellerの口座開設も私にとっては楽ではありませんでした。

Netellerとはe-walletのことで日本の口座から海外のブックメーカーに資金を移送させるのに必要なのです。

ブックメーカーの5社とアラートサイトの登録は容易でした。

ブックメーカーはPinnacle sportsMansion885dimesGamebookersLadbrokesです。

アラートサイトはアービトラージプロです。

 

最初はブックメーカー投資に慣れるまで小額でやるように書かれてありそろそろ本番でもいいだろうと思って$100にした途端急に気持ちが動揺してしまい思うように賭けれず何度もベットに失敗しました。

賭けの対象そのものを間違ったり、オッズが変化して片賭けになってしまったりと確か$500は損したと思います^^

「こんなもん稼げるか!詐欺商材!金返せ!」というのが最初にブックメーカー投資をやった印象でした。

その後1年やりませんでした。

 

しかし1年も経つとまたやってみたくなるのですね^^

現にブックメーカー投資で稼いでいる人は何人もいるみたいです。

元々負けず嫌いの私は「今度こそ」という思いで再びブックメーカー投資に挑むことにしました。

しばらく練習して勘を取り戻した後やはり$100にして挑戦です。

 

しかしまだ思うように結果は出ず片賭けしたり、賭けの対象をミスったりと相変わらず損し続けています。

 

 

上のがpinnacle sportsの履歴、下が5dimesの履歴です。

 

C. Mchale (+5) vs A. Kerber for Match 片賭け -$55

Boxing – Light Middleweight – Erislandy La…. アービトラージ成立 +$3.95

Catalans Dragons -21½ -110* vs Wakefield Trinity Wildcats  アービトラージ成立 +$0.45

Brage (SWE-S) pk +106* vs IFK Varnamo (SWE-S) 片賭け -$49.01

 

通算-$99.61

 

ひどい結果でした><

ブックメーカー投資は決して簡単に稼げるものではありません。

100%の勝率はミスなく買うことができればなのです。

それまでに訓練が必要です。

しかし片賭けでも1/2は勝てるはずなのですが運が悪かったです。

 

 

 

タグ

ブックメーカー投資で稼ぐ原理アービトラージ

複数のブックメーカーを利用して稼ぐのがブックメーカー投資だと前回書きましたが今日は実際に利益が出るところを見てみたいと思います。

ピナクルスポーツ

 

ラッドブロークス

 

はみ出てしまって申し訳ありませんがクリックしてみて下さい。

 

同時刻サッカーのSport Recife v Internacional戦に現れたオッズです。

ピナクルスポーツではInternacional勝ちが2.20倍、ラッドブロークスではSport Recife勝ちが1.92倍となっています。

これに対してピナクルスポーツでInternacional勝ちに$4.66、ラッドブロークスでSport Recife勝ちに$5.34の合わせて$10を同時に買います。

Internacionalが勝った場合2.2×4.66=$10.252

Sport Recifeが勝った場合1.92×5.34=$10.2528

どちらが勝っても約$0.252利益が出ることになります。

実際はInternacionalが勝ちました。

このように両賭けしてどちらが勝っても利益が出る取引をアービトラージ(裁定取引)と言います。

これが100%負けないと言われるブックメーカー投資の原理なのです。

日本の競馬は出走直前までオッズが分かりませんがブックメーカーの場合はオッズは変動するものの買った時点のオッズが適用されるためこのような現象が起きるのです。

 

タグ

このページの先頭へ