メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカー投資が稼げない理由

メグです

 

お元気ですか?

 

今日はなぜブックメーカー投資が稼げないのかについて考えてみようと思います。

 

ブックメーカーとはスポーツやイベントをギャンブルの対象にした政府認可の会社で、世界に2000社以上あると言われています。

賭けの方式はブックメーカー方式で、ベットした時点でのオッズが有効となり、その後にオッズに変動があっても払い戻しに影響はありません。

 

この辺が日本の競馬や競輪といった公営ギャンブルとは異なるところです。

 

例えば競馬の場合、30%が胴元(日本中央競馬会)の取り分と決まっていますから残りの70%は流動しオッズが決まるのは出走直前です。

このような胴元の取り分が先に決まっている賭けの方式をパルミュチュエル方式と言います。

つまりパルミュチュエル方式ではどんな結果になっても胴元は痛くも痒くもなく、残りを参加者で取り合う形になります。

 

一方ブックメーカー方式では胴元の取り分が5%もなく、どちらがどれぐらい買われるかを予想してからオッズを決めねばならず、ブックメーカーにとっては手腕の問われるところです。

またブックメーカーがオッズを決めるためそれぞれのブックメーカーでオッズはまちまちです。

 

つまり賭けの構図はブックメーカー対人と言うことになります。

 

ブックメーカー投資はブックメーカーを利用した方法であるため、自ずとブックメーカーから利益を上げるといった形になってしまいます。

これですと営利を目的としているブックメーカーはやっていけるはずがありません。

 

ここに矛盾が生じるためにブックメーカー投資は稼げるものではないのです。

 

 

では何が稼ぎ易いのかと言ったことになりますが、私はオンラインポーカーのような人対人の賭けが一番稼ぎ易いのではないかと考えています。

 

これですと場所(ソフトウェア)を提供する運営側は場代で利益を上げるため、ユーザーがいくら勝っても影響がないからです。

オンラインポーカーは勝ったプレイヤーからポットの5%くらいを徴収するシステムになっています。

 

またポーカーの中でも世界的にメジャーなテキサスホールデムは、長期的に見てスキルによる要素がものを言ってきます。

スキルとは知識と経験によって磨かれるもので、最低限の知識があるだけでもない人とやれば高確率で勝つことができます。

 

そのような知識の乏しいプレイヤーも多いためにオンラインポーカーは勝ち易いのです。

 

このブログを運営している私が言うのも何ですが、ブックメーカー投資よりかは稼げる要素はあると思います

タグ

アービトラージ系ブックメーカー投資に関しての現在の見解

今日も一日お疲れ様でした。

 

メグです

 

今日はアービトラージを利用したブックメーカー投資に関して、現在の私なりの見解を書いてみたいと思います。

 

私はこの方法を実践して挫折して、正直リスクが大きくてリターンが小さい投資法だと思いました。

 

過去の記事を参照して頂ければ理由は分かるかと思います。

 

しかし、この方法で稼がれている方というのは確かに存在するみたいです。

アービトラージの欠点をうまくかいくぐって利益を上げているみたいです。

 

私もどうやっているのか非常に興味があるところですが、残念ながらこれらは決して表には出てこない裏情報です。

勿論私も知る由がありません。

 

ここでもう一度おさらいしますが、ブックメーカー投資の如何ともし難い欠点は、ブックメーカー側のキャンセルMaxベット制限でした。

逆の見方をするとキャンセルされずMaxベット制限にひっかかりにくいブックメーカーを選べばいいということになります。

 

しかし残念ながらそれがわからないのです。

 

また実践するに当たって裏技的な要素も必要です。

 

どのブックメーカーを選んで、どの試合にいくらくらいベットしているのか?

いずれきたるべきMaxベット制限にはどうやって備えているのか?

 

またゲームブッカーズのように仕様が変更したらすぐにアービトラージが発生しなくなってしまい使えなくなってしまうブックメーカーもあります。

 

結論を言ってしまえばブックメーカー投資は確かに稼げる投資法らしいですが、その方法は一般的には出回らない本当に限られた一部の人達だけが密かに実践している方法です。

 

情報商材にも出回らないような情報ですので、この方法で稼ごうと考えている人は考え直すのが賢明かと思います。

 

どうしてもこの方法で稼ぎたいという人は、実際に稼いでいる人に直接指導して貰うよりないと思います。

 

間違っても情報商材を買って一人で実践というのは止めて下さい。

私も失敗しましたし、あまりにも無謀すぎると思い記事にしました。

 

どうしてもやるなら必ずコンタクトの取れる人のもとで教わって下さい。

 

ブックメーカー投資で稼ぐというのはそれくらいハードルの高い一般的でない方法です。

 

それではお休みなさい

タグ

2012年11月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブックメーカー投資に関しての現在の見解

このページの先頭へ