メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

競馬配当「脱税」裁判

お久しぶりの更新となります。

管理人のメグです

 

WBC残念でしたね。

私はまさか準決勝でプエルトリコに敗れるとは思ってもみませんでした。

しかしさすがにメジャーの投手陣は強く、相手の方が実力が上回ってたのかなと感じました。

侍ジャパンも、中日ドラゴンズの 井端選手や福岡ソフトバンクホークスの内川選手をはじめ活躍してくれたのですが本当に惜しかったです。

お疲れ様でした。

 

 

ところで最近気になる話題がありましたので記事にしようと思いました。

それは、競馬配当「脱税」裁判です。

 

元会社員の男性が2007~2009年に馬券購入に計約28億7000万円をつぎ込み、得た計約30億1000万円の配当金に対する所得税の問題です。

男性は所得税(一時所得)を全体の利益から馬券全体の購入額を差し引いた1億4000万円を申告しましたが、大阪国税局が指摘した課税額は約5億7000万円と経費は勝ち馬券の購入金額だけで、負けた馬券の購入金額は含まれないと主張した問題です。

 

判決は5月23日に言い渡されるそうですが、これは何も競馬に限ったことではなくブックメーカーをやっている人達にとっても見過ごせない問題だと思います。

 

勝ち金が大きいためこのように叩かれるのだと思いますが、どういう判決が出るのか興味深いところです。

もしこの判決が有罪になってしまったら、公営ギャンブルをやる人は控え気味になってしまうのではないでしょか?

 

Yahoo! ズバリ予想も2013年4月24日(水)で終了してしまいますし、日本ではどうもスポーツベッティングに関しては寛容ではないみたいです。

 

 

これはあくまで個人的な意見になりますが、賭けによる利益に税金を掛けるのもいかがなものかと思います。

賭けによるリターンとリスクは等価なもので、100万円の利益を上げようと思ったら100万円或いはそれ以上をリスクに曝さねばなりません。

勝ったというのはあくまでも結果であって、失うリスクと得るリターンは差し引き0の状態です。

 

労働というのはノーリスクでお金を得られるために、報酬を得るといった意味では労働者には優しいと思います。

しかし賭けというのは勝者と敗者が必ずいるため、利益を上げるというのは労働ほど優しいものではありません。

 

賭けで得た利益に対して税金を掛けるのはナンセンスのような気がしてなりません。

最も日本で賭博は禁止ですが。

 

しかしブックメーカーを使うというのは、日本で今のところは違法でないので安心して利用して下さい。

賭博罪には、国外犯処罰規定がない事と相手を共犯として立証し処罰なければいけないため、相手が海外のブックメーカーでは処罰ができないからです。

 

もしブックメーカーを使うことが禁止になるとしましても、正式に公表があると思います。

その時はこのブログも運営できなくなると思います。

 

最後にギャンブルの還元率ですが、ブックメーカーは圧倒的な高さを誇ります。

それに引き換え宝くじは、ブックメーカーはおろか競馬やパチンコに比べても大分低いです。

 

これは宝くじの利益の一部が公共事業やスポーツ振興に役立てられるためであり、言い換えれば既に税金を払った額が配当になるという見方もできます。

 

競馬配当脱税の判決がどうでるか分かりませんが、いずれにしろブックメーカーを使って得た利益は課税の対象になることだけは頭の片隅に入れておいて下さい。

 

それでは失礼します

タグ

ブックメーカーの確定申告について

お久しぶりの更新となります。

 

今日はブックメーカーで稼げた金額の確定申告についてお話しようと思います。

 

ブックメーカーで得た所得は雑所得に当たり確定申告の義務が発生します。

 

しかし私が推察するに恐らく確定申告をしていない方が大部分なのではないでしょうか?

 

競馬やパチンコ、スロットで勝っても所得税の対象になりますがそれを申告していない方が多いのと一緒です。

 

ではどう計算すればいいのか説明します。

 

ブックメーカーは一つのブックメーカーというジャンルにまとめることができて、それらから発生した利益だけが対象となります。

 

分かりやすく説明します。

 

ブックメーカーAとブックメーカーBを利用するとします。

互いに$1,000ずつ入金したとします。

確定申告の日まで何試合もベットして勝ったり負けたりを繰り返します。

最後にブックメーカーAに$2,500、ブックメーカーBに$400残ったとします。

 

この場合ブックメーカーAでの利益は$1,500、ブックメーカーBでの損益は-$600となります。

よって合わせて利益は$900となります。

そうなるとこの$900が課税の対象となるわけです。

 

最後にこれを円に換算して確定申告することになります。

 

なにやらめんどくさいのですが目に見えて利益を出した人は覚えておいて下さい。

タグ

2012年11月29日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:税金に関して

ブックメーカー投資で稼いだ金額に対して税金は発生するか?

ブックメーカー投資に限らずブックメーカーを利用したスポーツギャンブルやオンラインカジノで勝った金額に対して税金は発生するのか?と一度は考えると思います。

結論から言ってしまえば発生します。

年間で20万円以上利益が出た場合は課税申告の対象になります。

宝くじで勝った場合を除きパチンコやスロットで勝った場合も税金の対象になるのですが雑誌とかに出ている有名な人を除きだれも申告なんてしてないのではないでしょうか?

しかしオンラインでのお金のやり取りは確実に証拠が残ってしまうので経費を差し引いた分の利益が年間20万円を越えた場合は課税申告の対象になることを覚えておいて下さい。

その時になったら税理士さんに相談するといいと思います。

タグ

2012年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:税金に関して

このページの先頭へ