メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

凱旋門賞2014ブックメーカーオッズ

管理人のメグです

今年の夏は暑かったり雨が多かったりと過ごしにくい夏でした。

広島の土砂崩れでは死者が70人を超え、1200人以上が避難生活を余儀なくされています。

西アフリカではエボラ出血熱が猛威を振るっており、感染者は最大2万人を超えるみたいです。

エボラ出血熱はまだ治療法がなく致死率が高いウイルス感染で、広がりの速度を考えると気持ちが悪いですね。

代々木公園で蚊に刺されてデング熱になった人の数も少なくなく、これも不気味なところです。

 

バッドニュースばかりですが今年もいよいよ9月に入り、来月の5日は凱旋門賞です。

久しぶりにブックメーカーをやって、気晴らしをしようと思います。

 

凱旋門賞2014(G1重賞,芝2400m)

日時:10月5日(日) 23:15出走予定(日本時間)

場所:ロンシャン競馬場

出走条件:サラブレッド3歳以上、負担重量は3歳56kg、4歳以上59.5kg、牝馬は1.5kg減

賞金総額:500万ユーロ(約7億1000万円)

 

今年は更に賞金総額が上がりました。

日本では増税や物価の上昇で消費が伸び悩んでいる時期に羨ましいです。

 

凱旋門賞2013

去年はオルフェーブルが惜しくもトレヴに敗れて、初の日本馬優勝はなりませんでしたが、今年はどういう展開を見せてくれるのか楽しみです。

 

ウィリアムヒルでは早くもオッズが公開されており、日本からも賭けられることもあって注目を集めています。

以下有力馬と日本馬を紹介します。

 

seethemoon

シーザムーン

2011.4.29産まれ ドイツ 牡 黒鹿毛

4戦4勝のドイツダービー馬です。

圧倒的な差をつけての勝利でしたが、無敗は凱旋門賞を通しても続くのか見物です。

逸走かとも思えた最終コーナーでしたが、力があり過ぎて遠心力で外側へ行ってしまった感じでした。

しかしそれでも2着と11馬身差もの勝利は次元の違いを感じました。

 

austraria

オーストラリア

2011.4.11産まれ イギリス 牡 栗毛

ウィジャボードとガリレオの血統を継ぎ、6戦4勝です。

今年は英ダービー(G1)と愛ダービー(G1)を立て続けに制覇し、勢いに乗っています。

ウィリアムヒルでも人気が高く、シーザムーンと並んでいます。

ウィジャボードはジャパンカップでも好成績を出しており、日本でも馴染みのある馬です。

 

Taghrooda

タグルーダ

2011.1.27産まれ イギリス 牝 鹿毛

5戦4勝の英オークス馬です。

英オークス、キングジョージⅥ&QESと今年2つのG1を制して好調です。

先日のヨークシャーオークスでは1/2馬身差でタペストリーに敗れ、連勝記録がストップしました。

しかし凱旋門賞への懸念はなさそうです。

 

justaway

ジャスタウェイ

2009.3.8産まれ 日本 牡 鹿毛

去年の秋の天皇賞を制しました。

ジェンティルドンナを大きく突き放しての勝利は見事でした。

今年は安田記念を制し、凱旋門賞へ挑みます。

2400のレースは最近出ていないのが気掛かりですが、きっと上手く調整してくると思います。

 

treve

トレヴ

2010.4.7産まれ フランス 牝 鹿毛

去年の凱旋門賞でオルフェーブルを敗り、凱旋門の壁の高さを感じさせた馬です。

7戦5勝ですが、今年は4月のガネー賞、6月のプリンスオブウェールズSに、2着、3着で惜しくも敗れてしまいました。

最後はいつもの伸びを欠いた感じでしたが、調子が悪いという感じでもありません。

凱旋門賞は特に地元産馬が強いレースなので、やはり有力馬ということに変わりはありません。

 

harpstar

ハープスター

2011.4.24産まれ 日本 牡 鹿毛

7戦5勝で今年は桜花賞を制し、最近では札幌記念もゴールドシップを一騎打ちで制し、万全の状態で凱旋門賞に挑みます。

いずれのレースも外側から追い上げ、際どい展開になっています。

2400で勝ちがないのが気掛かりですが、追い上げるタイミングさえ間違いなければ十分に勝てる馬だと思います。

今回出場する日本馬の中では、ジャスタェィに次いで2番人気です。

 

他にもヨークシャーオークスを制したタペストリーや今年の仏オークス馬アヴニールセルタン、仏ダービー馬ザグレイギャッツビー、イーグルトップ、キングストンヒル、ウィーアー、ゴールドシップ、テレスコープ、エクトット、プリンスジブラルタル、レッドリヴェール、シャムカラ、スピリットジム、ルーラーオブザワールド、フリントシャー、チキータ、フェオドーラ、ヴンダーが出走予定です。

 

マークが日本馬になります。

 

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe

9月3日時点のウィリアムヒルのオッズです。

 

今の段階では何とも言えないところですが、9/14のヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果を見てからベットしようと思います。

ロンシャン競馬場で芝2400ということもあり、凱旋門賞と条件は同じなので参考になると思います。

またこれらの結果によってはオッズが大きく動くこともあると思います。

 

 

追記 2014.9.15

2014年のヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果は以下の通りでした。

 

ヴェルメイユ賞

1位 バルチックバロネス

2位 ポモロジー

3位 ドルニヤ

4位 トレヴ

 

フォア賞

1位 ルーラーオブザワールド

2位 フリントシャー

3位 スピリットジム

 

ニエル賞

1位 エクトット

2位 Teletext

3位 Adelaide

 

これによってウィリアムヒルの凱旋門賞のオッズが以下のようになりました。

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe new

2014.9.15時点

1番人気はアヴニールサーテン、2番人気はタグルーダ、3番人気はエクトットです。

シーザムーンが消え、オーストラリアが後退しました。

エクトットが一気に3番人気に上がり、ルーラーオブザワールドも順位を上げました。

やはりヴェルメイユ賞、フォア賞、ニエル賞の結果が大きく影響しているみたいです。

トレヴも去年のような勢いはない感じで、今回は日本馬も大いにチャンスはありそうです。

 

アヴニールサーテン

アヴニールサーテンは今年の仏オークス馬です。

トレヴも去年仏オークスを制して凱旋門賞を制しましたから、この勝利が人気を呼んだのではないでしょうか。

最後のガッツポーズにはにくいですね。

この馬はその前の仏1000ギニーも制しています。

 

ところで何に買うかですが、今年もやはり日本馬を応援しようと思います。

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe bet1

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe bet2

そういうわけでジャスタウェイとハープスターの単勝にそれぞれ$10ずつベットしました。

ジャスタウェイが勝てば$80に、ハープスターが勝てば$90になって戻ってきます

 

追記 2014.10.6

今年の凱旋門賞もトレヴが勝ちました。

最後の直線は去年同様素晴らしい突き抜け方で、他者の追走を許さないほぼ完勝と言えるような内容だったと思います。

今年は駄目かと思っていましたが見事でした。

 

5th Oct 2014 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe result

凱旋門賞の連覇は1977年、1978年のアレジット以来となります。

3連覇はまだ記録がなく、こうなったら来年も優勝してほしいです

フリントシャーとタグルーダ、キングストンヒルがトレヴに続きます。

一方日本馬はハープスター6着、ジャスタウェイ8着、ゴールドシップ14着と今年も駄目でした。

よって私の賭けも負けてしまいました・・・・

 

日本馬が凱旋門賞を制する日は果たしてくるのでしょうか?

それを連想させるのが残念ながら難しいと思えるレースでした。

タグ

2014年9月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:凱旋門賞

ブックメーカーのドバイワールドカップ2014オッズ

管理人のメグです

 

いよいよ3月に入りました。

これから段々と暖かくなってくると思いますが、花粉の飛ぶシーズンにもなってくるのが頭の痛いところです。

 

ソチオリンピックでは、今回は随分と日本の選手が活躍したのではないでしょうか?

メダルの数が前回よりも大分多いと感じました。

 

真央ちゃんは応援してたのですが、ショートプログラムのミスが大きかったみたいですね。

しかし最後まで全力を尽くしてくれて、フリーは最高の演技だったと思います。

素晴らしいものを見せていただき、どうも有難うございました。

そしてお疲れ様でした。

 

 

私は先々週、今年初のG1フェブラリーステークスを東京競馬場へ観に行きました。

ダートですが、G1を生で観たのは初めてです。

10:00くらいに到着したのですがA指定席は既に売り切れており、B指定席で観戦していました。

 

最初は馬連で買っていたのですが中々当たらなくて、途中から複勝で買いました。

結果的には1万2千円投資で、5千420円しか回収できませんでした。

複勝ですと3着以内に入ればいいので当てやすいですが、やはりオッズは低いです。

 

競馬で利益を上げるならこういう買い方では無理で、馬単(1着と2着の順位を当てる)などで何点も買って、5~10レース中に1回当てるくらいがいいのではないかと思いました。

今回のフェブラリーステークスも、馬単の配当が256,050円(100円買って25万6千円のリターン)と高額でしたからね。

 

それにしてもコパノリッキーが逃げ切ったのは意外でした。

実際にレースが終わった後、喜んでいる感じの人はいませんでした。

また12レース目で出走直後にゼッケン1番の騎手が落馬して、馬だけが走っていたのは少し可笑しかったです。

 

テレビ越しではなく、生で観るというのはやはりいいものですね。

とても楽しい1日でした。

 

競馬と言えば、今月29日にドバイワールドカップがあります。

賞金総額が約10億円のレースです。

 

このレースに出走する今年の日本馬は、フェブラリーステークスを2着と3着で入ったホッコータルマエとベルシャザールです。

 

フェブラリーステークス2014です。

ホッコータルマエとベルシャザールを抑えての、コパノリッキーの逃げ切りは見事だったと思います。

 

今年のドバイワールドカップはホッコータルマエとベルシャザールは、 ウィリアムヒルのオッズから見ると少し苦し目ですが、コパノリッキーのようにダークホース的存在になってくれたらいいと思っています。

 

dubaiworldcup2014odds1

これが2014.3.5時点でのオッズになります。

 

 

マジシャンが1番人気です。

アイルランド・牡4で、去年のブリーダーズカップ・ターフ(GI、アメリカ・サンタアニタパーク競馬場、芝・左回り12ハロン)を末脚で差し切りました。

magician

去年のアイルランドの愛2000ギニーの勝ち馬でもあります。

 

 

2番人気がザフューグです。

イギリス・牝5で、去年のヨークシャーオークスとアイリッシュチャンピオンステークスの勝ち馬です。

8月のイギリスで行われたヨークシャーオークスの動画です。

ザフューグはゼッケン番号3番でピンクの帽子です。

最後は接戦でしたが、伸びがあり4馬身も突き放して完勝です。

 

 

3番人気がルーラーオブザワールドです。

イギリス・牡4で、去年のイギリスダービー馬です。

去年の6月に行われたイギリスダービーの動画です。

ルーラーオブザワールドはゼッケン番号12番紺の帽子です。

非常にタフな印象を持ちました。

ニエユ賞でキズナと接戦を演じたのも記憶に新しいです。

 

今年のドバイワールドカップ2014は、とてもハイレベルで楽しみにしています。

 

dubaiworldcup2014.3.21

これが2014.3.21時点のオッズです。

 

dubaiworldcup2014

 

 

追記

これがレース結果で、1位がアフリカンストリームでした。

 

私はルーラーオブザワールド、ホッコータルマエ、ベルシャザールの複勝に$5ずつベットしたのですが、全然ダメでした><

 

タグ

ジャパンカップ2013の競馬オッズ

管理人のメグです

 

先日はサッカー国際親善試合日本対ベルギーで、侍ジャパンが見事に勝利してくれました。

ワールドカップ2014の出場国32カ国も決定し、これで日本は5大会連続5回目の出場となります。

 

日本ももはや、アジアの常連出場国としての地位を確立しています。

予選リーグでどの国と当たるのかは分りませんが、今回のオランダとベルギー戦の内容から善戦を期待きそうですね。

頑張って下さい。

 

 

さて次の私の楽しみは、今週の週末に行われる日本競馬のジャパンカップです。

 

ジャパンカップとは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2400mで施行する中央競馬の重賞(GI)になります。

 

ジャパンカップの特徴は、国際招待指定とやはり高額な賞金にあります。

 

正賞は外務大臣賞、農林水産大臣賞、アイルランド大使賞、日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞で、2012年度の総額賞金は4億7600万円で1着 賞金は2億5000万円、2着賞金は1億円、3着賞金は6300万円、4着賞金は3800万円、5着賞金は2500万円で、これは日本国内の全競走の中で 最高額であり、世界全体でもドバイワールドカップに次ぐ2番目に当たります。

 

世界的に見ても凱旋門賞に次ぐ、芝中長距離路線におけるトップクラスのレースに当たり、ブックメーカーもマーケットに取り上げています。

 

今年は2013年11月24日開催で、第33回目に当たります。

 

負担重量制で、3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬は2kg減になります。

 

去年のジャパンカップは、オルフェーブルとの接戦に勝ったジェンティルドンナが制しました。

 

ジャパンカップ2013の出馬表

枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量(Kg)
1 1 ヴィルシーナ 牝4 55.0
1 2 ナカヤマナイト 牡5 57.0
2 3 アンコイルド(外) 牡4 57.0
2 4 エイシンフラッシュ 牡6 57.0
3 5 ト―センジョーダン 牡7 57.0
3 6 アドマイアラクティ 牡5 57.0
4 7 ジェンティルドンナ 牝4 55.0
4 8 ファイヤー 牡5 57.0
5 9 デニムアンドルビー 牝3 53.0
5 10 ドゥーナデン(外) 牡7 57.0
6 11 ルルーシュ 牡5 57.0
6 12 ホッコーブレーヴ 牡5 57.0
7 13 ゴールドシップ 牡4 57.0
7 14 シメノン(外) セ6 57.0
8 15 スマートギア 牡8 57.0
8 16 ヒットザターゲット 牡5 57.0
8 17 ジョシュアツリー(外) 牡6 57.0

 

 

有力馬が多いため予想がとても難しいですが、この距離と終盤の直線のたたきあいに強いジェンティルドンナが、やはり一番人気かと思います。

Gentildonna

去年のジャパンカップでオルフェーブルに競り勝ったジェンティルドンナ(奥)

 

しかしこの時期に調子を上げてくるゴールドシップや、2400mに強い追い込み型のヒットザターゲットも捨てがたい気がします。

 

やはり競馬は難しいですね。

 

japancup

これがウィリアムヒルのオッズになります。

ジェンティルドンナとゴールドシップに高い人気があります。

 

ブックメーカーでは単賞でしかベットできませんが、JRAで馬券を購入するなら、ジェンティルドンナとゴールドシップの馬番は抑えておきたいところですね。

 

japancupbet

私はウィリアムヒルで、ジェンティルドンナとゴールドシップに$5づつベットしましたが、全然自信はありません。

 

japancupodds

これが2013.11.24 12:00 JRAのオッズになります。

 

 

追記2013.11.26

ジェンティルドンナが鼻差でデニムアンドルビーをかわし、ジャパンカップの連覇を達成しました。

お陰様で私も勝つことができました。

一方ゴールドシップは不本意なレース展開で15位に終わりました。

なんだかしっくりきませんでしたね。

 

タグ

2013年11月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ジャパンカップ

ブックメーカーの2013凱旋門賞オッズ

管理人のメグです

 

今回は凱旋門賞について書こうと思います。

 

凱旋門賞とはフランスの ロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬G1レースです。

フランス語ではPrix de l’Arc de Triompheと書くそうです。

 

Hippodrome de Longchamp

ロシャン競馬場はパリの中心部から西に5kmほど離れた所にあります。

 

賞金総額は400万ユーロ、1着賞金が 2285600ユーロ(約3億円)(2012年)でしたが、今年は更に1着が約3億5千万円に増額されたようです。

 

芝2400m、出走条件はサラブレッド3歳以上で、負担重量は3歳56kg、4歳以上59.5kg、牝馬1.5kg減です。

 

第1回施行は1920年10月3日で、今年は92回目になります。

 

このレースの特徴としては過去のデータから、90回中65回がフランス調教馬が優勝、そのうち43回は3歳馬が制すというくらい、地元の3歳馬が強いレースです。

古馬と3歳馬の斤量差が3.5キロというのは結構大きいです。

 

去年は日本のクラッシック三冠馬オルフェーブルが、勝利を確信させた瞬間にフランスの牝馬ソレミアに鼻差で敗れてしまうという実に惜しい展開を見せました。

 

 

 

今年は日本からは再挑戦するオルフェーブルと、ディープインパクトの血を引く日本ダービー馬キズナが出走します。

 

9月15日に凱旋門賞の前哨戦と言われているフォワ賞とニエル賞では、それぞれ圧勝することができて、日本馬の強さを示すことができました。

 

2013年フォワ賞

赤帽子、ゼッケン番号7番のオルフェーブル。

最後はほぼ独走状態で、余裕すら感じられた。

 

2013年ニエル賞

赤と水色の帽子のゼッケン番号8番のキズナ。

終盤のたたき合いで競り勝った。

 

 

一方同日のヴェルメイユ賞(3歳以上 牝馬 G1 芝2400m)を制したフランスオークス馬トレヴが、今年の凱旋門賞制覇を狙う日本馬にとっては最大の脅威となりそうです。

 

2013年ヴェルメイユ賞

白の帽子のゼッケン番号5番のトレヴ。

最後は2馬身差で制した。

ハッキリ言ってスキが見当たりません。

 

 

この日を境にウィリアムヒルのオッズが大きく変動しました。

15日までのオッズ。

 

2013Prix de l’Arc de Triomphe

15日からのオッズ。

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 9.26

26日時点のオッズ。

オルフェーブルとキズナの人気がまた少し上がったみたいです。(2013.9.26)

 

6th Oct 2013 - Qatar Prix De L'Arc De Triomphe 10.3

10月3日時点の最新オッズです。

オルフェーブルとキズナの人気がさらに上がりました。(2013.10.3)

 

 

フリントシャーに替わってオルフェーブルが一番人気となりました。

トレヴとキズナの人気も上がりました。

やはりフォワ賞、ニエル賞、ヴェルメイユ賞の影響は大きかったみたいです。

 

尚オッズは買った時点のオッズが適用されるため、15日以前にオルフェーブルに買っていたら6.00倍が有効となるのもブックメーカー方式の面白いところです。

 

現在でもオルフェーブルの3.75倍は悪くは無いと思うのですが、競馬って意外に当たらないのですよね(笑)

私も何度か馬券を買ったことがありますが、ほとんど当たった試しはありません。

多分ブックメーカーの対象競技の中で、競馬は最も当てるのが難しいのではないかと思います。

趣味で購入する分にはいいと思いますが、競馬はブックメーカー投資でやる分には向かないような気がします。

 

とは言うものの一応オルフェーブルに$10ほど買っておくことにしました

2013Prix de l’Arc de Triomphe bet

 


William Hill Sports

タグ

2013年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:凱旋門賞

ドバイワールドカップ2013予想オッズ

こんにちはメグです

 

3月30日にドバイワールドカップ2013が開催されます。

 

ドバイとはアラブ首長国連邦の首都となります。

 

 ドバイワールドカップ

総賞金:10,000,000米ドル
1着: 6,000,000米ドル
2着: 2,000,000米ドル
3着: 1,000,000米ドル
4着: 500,000米ドル
5着: 300,000米ドル
6着: 200,000米ドル

馬齢: 北半球産馬4歳以上
南半球産馬3歳以上
距離:2,000 m〔オールウェザー (タペタ)〕
出馬登録料:100,000米ドル
騎手登録料:164米ドル(600 UAEディルハム)
負担重量: 南半球産馬 3歳馬 54キロ
両半球産馬 4歳以上 57キロ
牝馬減量:2キロ

 

このレースのすごいところは、何といっても総賞金額1000万ドル(約9億円以上)もあるところです。

2011年度は日本馬のヴィクトワールピサが1着、トランセンドが2着となり上位を占めましたが、去年は残念なことに日本馬は敗れ去りました。

 

今年はどの馬が制するのか見ものですが、ウィリアムヒルにて予想オッズをみてみようと思います。

 

クリックするとウィリアムヒルに飛びます。

 

ベット(海外競馬の馬券購入)をしてみたい方はウィリアムヒルガイドを参考にしてみて下さい。

 

黒鹿毛2008年生まれの牝馬ロイヤルデルタが一番人気です。

去年の11月ブリーダーズカップ・レディーズクラシック(G1)を制した安定した馬ですが、ドバイワールドカップ2012では結果を残すことができませんでした。

 

二番人気は2011年のケンタッキーダービー馬アニマルキングダムになっています。

 

ドバイワールドカップと相性のいいモンテロッソは去年は1着で快走しましたが今年はどういう走りを見せてくれるのか楽しみです。

タグ

このページの先頭へ