メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカーの日本からの入出金経路

メグです

暖かくなってきて大分桜が咲いてきましたね。

あまりにも見事なのでつい立ち止まって見とれてしまいます。

 

さて今年に入りましてからブックメーカーへの入出金手段としてエコペイズが直接利用できることになりました。

今まではエントロペイを通さないとできませんでしたが、仲介手数料が高くちょっと躊躇ってしまう感じでした。

しかしエコペイズが直接利用できれば手数料が0で済みます。

これはかなり大きいですね。

日本からのブックメーカー利用は2017.4現在以下の流れが一番合理的です。

 

①エコペイズへクレジットカードか銀行送金にて入金(クレジットカードの場合は即時反映)

②ブックメーカーへエコペイズで入金(即時反映で手数料は無料)

③ブックメーカーを利用

④ブックメーカーからエコペイズへ出金(即日~数日後反映で手数料は無料)

⑤エコペイズから日本の銀行へ海外送金

 

こんな流れになります。

通貨は$で統一してしまうのが為替手数料が無く一番いいでしょう。

エコペイズにはエコカードというマスターカードがありましたが、EU圏外(日本も)は発行しなくなってしまいました。

よって引き降ろすには直接日本の銀行へ海外送金するしかありません。

しかしマスターカードで引き降ろすには限度額もあり(これが意外に低い)、手数料がバカ高いので、こっちの方がいいと思います。

 

私は今のところブックメーカーはウィリアムヒルピナクルスポーツしか利用していませんが、両方共エコペイズが使えます。

エコペイズが直接利用できるようになてため、救急措置であったエントロペイは不要になってしまった感じです。

 

これからもエコペイズが利用できるブックメーカーは増えていくと思われます。

エコペイズを取り入れているオンラインカジノも多いし、完全にネッテラーに取って替わってしまった感じですね。

 

追記 5/11現在またエコペイズカードが復活するそうですが詳細は不明です。

タグ

このページの先頭へ