メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ブックメーカー投資で稼ぐのは難しいです。

こんにちはアービトラージ実践中のメグです。

今日はとても残念なことを書かなければいけません。

ブックメーカー投資ですが、今日で辞めることにしました。

3カ月実践して思ったことは、ブックメーカーに依存して稼ぐのはほぼ無理ということでした。

理由は、ブックメーカーが注文したベットを取り消すことができるからです。

これはブックメーカー投資を実践するにあたってとても大きな欠点です。

まずは昨日のベットから見て下さい。クリックすると拡大します。

 

アービトラージプロで以下のアービトラージが発生します。

 

発生した通りpinnacleで買います。

 

次に5dimesで買います。

 

To Winを見ていただけると分かるように、それぞれ相手のブックメーカーのRisk(ベット額)を上回っています。

 

これでどちらに転んでも$6以上の利益が確定です。

 

しかし1時間後5dimesからメールが届きます。

どうやら5dimesこのベットを取り消したみたいです。

 

5dimesにloginしてみますと以下のメッセージです。

Clear line errorとのことらしいです。

 

結局、片賭けになってしまいpinnacleでやりたくもないベットを強いられています。

これを書いている現時点でまだ結果は出ていませんが、これではブックメーカー投資を実践している側としては困ってしまいます。

 

こういうことが以前にもありました。

 

これではいくら両賭けのテクニックを身に付けたところで、落ち度なくやっても、ブックメーカー次第でやりたくもないギャンブルを強いられる羽目になります。

つまり100%利益が出るというのは全くの嘘でした。

 

賭けの世界では、普通一回賭けたものは取り消すことはできないのがルールですが、これは胴元がブックメーカーなのでそのルールをブックメーカー側に都合のいいように変えることができるというのが、ブックメーカー投資の最大の欠点でした。

 

とても残念です。

タグ

ブックメーカー投資の始め方

ブックメーカー投資というものがどういうものなのかご理解頂けたかと思います。

ここでは実際にブックメーカー投資を始める手順について説明します。

 

1、Netellerの口座開設

各ブックメーカーに入金したり出金したりするのに必要な口座です。

おすすめ口座はNetellerの記事もご参照下さい。

 

口座開設には分かりやすいNeteller登録マニアルをご参照下さい。

 

2、ブックメーカーの登録

次に複数のブックメーカーに登録しますが、私が実践していてアービトラージがよく発生し使いやすいブックメーカーはpinnaclesports5dimesMansion88188betladbrokesです。

 

これらのブックメーカーは出金もしっかりできたメグオススメのブックメーカーとなりますのでまずこれらに登録します。

 

3、Netellerへ入金し、ブックメーカーへ送金する

登録が終わりましたらNetellerへ入金します。

大体10万~20万円以上ですが、10万円では利益を出すのに少し少ない感じです。

私も大体20万円近く入金しました。

 

次にNetelerからブックメーカーへ送金します。

始めはpinacleへ$400程、他は$100くらいがいいかと思います。

大部分の資金はNetellerへ置いておき足りなくなったらそのつど入金していきます。

 

ブックメーカーの入金に関しましては即時反映されますが、出金に関しましては反映に24~48時間くらいは必要ですので、Netellerに少し資金がないと、資金が底をついたブックメーカーでアービトラージが発生しても買うことができないという羽目になります。

 

4、アービトラージプロに申し込む

アラートサイトのアービトラージプロに申し込みます。

料金は20時間(£22)、または65時間(£65)となります。

これはクレジットカードで支払います。

 

これで準備は完了です。

後はアラートサイトが教えてくれる通りに注文するだけです。

 

ブックメーカー投資の実際のやり方賭けの種類スリーミニッツキャッシュ実践日記も参考にしてみて下さい。

タグ

Money Line

ブックメーカーの賭けの種類に当たって、最も一般的なものにMoney Lineがあります。

別名To win matchとも言います。

 

これはどちらのチームが勝つかの選択だけではなく、引き分けの選択もあります。

ここがハンディキャップと違う点です。

 

ハンディキャップで+0とか-0の表記を見ますが、これはハンディなしという意味で、もし引き分けた場合はCancel扱いとなりベット金額だけが返却されます。

 

Money Lineでハンディキャップと同じチームに賭けるとしても、引き分けの選択がある分オッズも高くなります。

その代わり賭けたチームが引き分けた時は、ベット金額は戻ってこないということになります。

タグ

2012年9月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:賭けの種類

bet365のMAXbet規制を受けました。

アービトラージ実践中のメグです。

先日書いた通り、昨日か$200のベットに挑戦しました。

結果は6回ベットできて5回成功しました。

まだ一試合結果は出ていませんが取りあえず買った履歴の画像だけでも載せます。

 

pinnacle

 

ladbrokes

 

mansion88

 

5dimes

 

188bet

 

365bet

 

5回も成功したから利益が楽しみだったのですが、失敗した一回は悪い方に転んでしまい、Dartford vs Newport 戦は合計点が3点だったためCancelになってしまい、結果の出ていない1試合を除き$3.73しか利益が出ませんでした。

 

しかも不運は続きます。

なんと365betからMaxベット規制をかけるメールが届いてしまったのです。

 

Following a review of your account, we regret to inform you that we are no longer able to offer you our telephone betting service and whilst our online service remains available to you, betting restrictions will be applied on any future bets placed.

 

一部引用するとこんな感じです。

bet365にアクセスしてみたら、せいぜい$数十くらいしかベットできないことになってしまいました。

これでは厳しいです。

 

折角ブックメーカー投資もいいせんまでいってきてるのに、何かと不運が続きます。

ブックメーカー投資ってこれだけ実践してリスクまで犯してベットしているのに、利益$3.73は割りに合わないと思います。

 

しかし、$200ベットに成功できたのでこの調子で続けてみたいと思います。

また、ここまで実践してみて気づいたことを書いてみます。

 

1、両賭けといっても僅かな時間差でオッズが変わってしまうこともあるため、どんなに達人でも100%成功するとは言い切れないと思います。

2、結構資金管理が難しいです。

 

大金がブックメーカー間を動くのですが、やっていると段々偏ってきます。

本来ならNetellerに十分ある状態が理想なのですが、現時点でメグの口座にはほとんどありません。

もう少し資金を増やして十分な状態で実践してみたいです。

タグ

ブックメーカー投資実践3カ月目にしてようやく慣れてきました。

アービトラージ実践中のメグです♪

最近になってようやくベットに慣れてきました。

今では一回ベット額$160まで上げています。

昨日の結果です。

 

pinnaclesports

 

ladbrokes

 

188bet

 

1時間の実践で利益$7.2です。

漸く間違えることも片賭けすることも少なくなってきました。

 

慣れれば誰でもできることなのですが、最初はコツを掴めずにいました。

1日1時間でいいから時間を作って継続してしてやることの重要性というのが改めてよく分かりました。

 

今日は月曜日でアービトラージがあまり発生しない日なので1日休み明日からは一気に$200まで引き上げてベットしてみたいと思っています。

単純に$160の2倍の$320をベットすれば利益も2倍になりますからね。

 

そのためには精度を磨きながら、高額ベットの恐怖を少しずつ克服できればと考えております。

 

最近はブックメーカー投資の実践が楽しみになってきました。

 

ではまた。

タグ

このページの先頭へ