メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ジャパンカップ2013の競馬オッズ

管理人のメグです

 

先日はサッカー国際親善試合日本対ベルギーで、侍ジャパンが見事に勝利してくれました。

ワールドカップ2014の出場国32カ国も決定し、これで日本は5大会連続5回目の出場となります。

 

日本ももはや、アジアの常連出場国としての地位を確立しています。

予選リーグでどの国と当たるのかは分りませんが、今回のオランダとベルギー戦の内容から善戦を期待きそうですね。

頑張って下さい。

 

 

さて次の私の楽しみは、今週の週末に行われる日本競馬のジャパンカップです。

 

ジャパンカップとは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2400mで施行する中央競馬の重賞(GI)になります。

 

ジャパンカップの特徴は、国際招待指定とやはり高額な賞金にあります。

 

正賞は外務大臣賞、農林水産大臣賞、アイルランド大使賞、日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞で、2012年度の総額賞金は4億7600万円で1着 賞金は2億5000万円、2着賞金は1億円、3着賞金は6300万円、4着賞金は3800万円、5着賞金は2500万円で、これは日本国内の全競走の中で 最高額であり、世界全体でもドバイワールドカップに次ぐ2番目に当たります。

 

世界的に見ても凱旋門賞に次ぐ、芝中長距離路線におけるトップクラスのレースに当たり、ブックメーカーもマーケットに取り上げています。

 

今年は2013年11月24日開催で、第33回目に当たります。

 

負担重量制で、3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬は2kg減になります。

 

去年のジャパンカップは、オルフェーブルとの接戦に勝ったジェンティルドンナが制しました。

 

ジャパンカップ2013の出馬表

枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量(Kg)
1 1 ヴィルシーナ 牝4 55.0
1 2 ナカヤマナイト 牡5 57.0
2 3 アンコイルド(外) 牡4 57.0
2 4 エイシンフラッシュ 牡6 57.0
3 5 ト―センジョーダン 牡7 57.0
3 6 アドマイアラクティ 牡5 57.0
4 7 ジェンティルドンナ 牝4 55.0
4 8 ファイヤー 牡5 57.0
5 9 デニムアンドルビー 牝3 53.0
5 10 ドゥーナデン(外) 牡7 57.0
6 11 ルルーシュ 牡5 57.0
6 12 ホッコーブレーヴ 牡5 57.0
7 13 ゴールドシップ 牡4 57.0
7 14 シメノン(外) セ6 57.0
8 15 スマートギア 牡8 57.0
8 16 ヒットザターゲット 牡5 57.0
8 17 ジョシュアツリー(外) 牡6 57.0

 

 

有力馬が多いため予想がとても難しいですが、この距離と終盤の直線のたたきあいに強いジェンティルドンナが、やはり一番人気かと思います。

Gentildonna

去年のジャパンカップでオルフェーブルに競り勝ったジェンティルドンナ(奥)

 

しかしこの時期に調子を上げてくるゴールドシップや、2400mに強い追い込み型のヒットザターゲットも捨てがたい気がします。

 

やはり競馬は難しいですね。

 

japancup

これがウィリアムヒルのオッズになります。

ジェンティルドンナとゴールドシップに高い人気があります。

 

ブックメーカーでは単賞でしかベットできませんが、JRAで馬券を購入するなら、ジェンティルドンナとゴールドシップの馬番は抑えておきたいところですね。

 

japancupbet

私はウィリアムヒルで、ジェンティルドンナとゴールドシップに$5づつベットしましたが、全然自信はありません。

 

japancupodds

これが2013.11.24 12:00 JRAのオッズになります。

 

 

追記2013.11.26

ジェンティルドンナが鼻差でデニムアンドルビーをかわし、ジャパンカップの連覇を達成しました。

お陰様で私も勝つことができました。

一方ゴールドシップは不本意なレース展開で15位に終わりました。

なんだかしっくりきませんでしたね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ジャパンカップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


William Hill 日本語

このページの先頭へ