メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

トランプ大統領のスペシャルオッズ

管理人のメグです

今年に入り著しく体調を崩してしまいました。

高熱が続いてインフルエンザかと思い、病院へ行きましたら肺炎だったみたいです。

幸い入院は必要なかったのですが、熱は下がったもののまだ咳きが続いています。

 

さてアメリカではドナルドトランプ氏が就任してまだ3週目ですが、いろいろな問題が発生し、早くも弾劾の機運さえあります。

特に90日間のイスラム7カ国のアメリカへの入国規制はかえって混乱を招く結果になりました。

いくらテロ対策・難民対策とはいえ、明らかに信仰で差別しています。

これはアメリカでも割れているところで、州政府と連邦政府でも一時的差し止めを巡って対立しています。

 

就任直後から早くも任期を満了できないのではと言われてきましたが、イギリスブックメーカーがこれを取り上げ、トランプ大統領のスペシャルオッズを提供しています。

 

ウィリアムヒルでは最初の任期中に弾劾に掛けられ有罪判決が下る(要は大統領が罷免される)に3倍、それはないに1.36倍のオッズを付けています。

弾劾で罷免させられるなんてとても不名誉なことで、歴代アメリカ大統領の中ではまだ例を見ません。

しかし去年の末、韓国の朴大統領が弾劾により追放されたこともあり、何か現実味を帯びてしまうのです。

無鉄砲とも思えるくらいどんどん大統領令は出してしまうし、トランプ氏はあまりにも自己中心的すぎて、とても大統領に適任だとは思えません。

3倍というそれほど高いオッズではないところにかえって、この大統領の不適合性が見えてしまうのです。

 

最初の任期中に大統領から辞任するに2.37倍、しないに1.53倍のオッズが付いています。

これは大体35~42%くらいは辞任する可能性があると踏んでいます。{1-(100/153)~(100/237)}×100

歴代のアメリカ大統領で辞任したのは唯一ニクソン大統領だけです。

ウォーターゲート事件で弾劾を避ける前に辞任しました。

トランプ氏の場合ここまでの非行はしないと思いますが、自ら言ったことが実行不能と分かった時、辞任せざるをえなくなるのかもしれません。

阿倍さんくれぐれもアメリカのインフラ事業(メキシコ国境の壁作り)なんかに年金積み立て金を投資しないでくださいよ。

 

その他にもトランプ氏が2020年に共和党の大統領候補になるに1.73倍、メキシコ国境の壁を完成させるに2.25倍、トランプ下でアメリカがNATOを離脱するに11倍のオッズを付けています。

どれもないと思うのですが、前二者は意外にオッズが低い感じで、時間とともに上がっていくような気がします。

 

さすがにトランプ暗殺というマーケットはありませんでしたが、さすがに挙げ難いですよね(笑)

 

トランプ大統領のスペシャルオッズはウィリアムヒルのアメリカ合衆国の政治にあります。

客観的に見ると少し失礼な気もしますけどね・・・・

 

今回の入国規制によりますますイバンカの名前を冠したファッションブランド「イバンカ・トランプ」の不買運動が拡大している今日この頃です。

そしてトランプに期待した人がどんどん失望していくかのようにドル安にも転じています。

 

最近のドル/円の日足はトランプ大統領の人気を伺うのにちょうどいいバロメーターになっている感じです。

 

大統領が辞任する可能性なんて具体的に見えにくいですが、これを数字で表せてしまうブックメーカーには感嘆してしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年2月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:政治

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


William Hill 日本語

このページの先頭へ