メグが一番愛用している世界NO1のブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ


配当オッズの一番高いメグおすすめのブックメーカー(完全日本語対応)
詳しい説明と手順はコチラ


最速出金(1時間以内に反映)してくれるブックメーカー(海外競馬に対応)
詳しい説明と手順はコチラ

ブックメーカーの使い方

ブックメーカー投資とは
ブックメーカー投資の始め方
ブックメーカー投資実践日記
ブックメーカー投資の結論

ブックメーカー投資実践者の声を求めております

ワールドカップ決勝トーナメント組み合わせと予想オッズ

管理人のメグです

 

ワールドカップで日本は惜しいところまでいったのですが残念でした。

コロンビア戦では前半1-1で、同時刻に行われていたギリシア対コートジボワール戦が1-0で折り返した時は、よもや奇跡が起こるのではないかとも思えましたが、やはり無理だったみたいです(涙)

 

そして日本時間で今日、決勝トーナメント進出国が全て出揃いました。

今回のブラジル大会は日本の試合は勿論、他の試合もいくつか生中継で見ていたのですが、まずは気になったところから書いてみようと思います。

 

一つ目はFIFA世界ランキングの上位国と言えど下位の国と比べて、思っていた程のレベルの差はないということです。

前回優勝国のスペインが、まさか一番最初に姿を消すとは考えてもみませんでした。

そして死のグループと言われていたグループDで、一番軽視されていたコスタリカが一位通過というのも驚きました。

この強いコスタリカを相手に、事前の親善試合で日本は勝っていますからね。

そしてこれを見て、サッカーでは数試合で自分達の全ての力を出し尽くすということの難しさを改めて実感しました。

ワールドカップではどの国も結果が第一に求められ、負けると戦犯探しだの活躍しなかった選手や監督をボロボロに非難しますが、あれは少し酷だなと思いました。

また違う日に対戦していたら結果も変わっていたと思いますからね。

 

二つ目は審判の問題です。

サッカーのプレイではどちらとも取れるプレイが結構多いですが、仮に全く同じプレイだったとしても、審判が変わればまた別の判定だったこともあったと思います。

しかし選手達は審判の判定に従わなければならず、時には致命的になったりもします。

サッカーは一試合だけでみたら運の要素も大きいと思いました。

 

その他にも噛み付き問題やレーザー問題など、言語道断な問題がワールドカップという世界の大舞台で起こってしまったのは残念でした。

 

ザックジャパンに関して言えば、公平に見れば妥当な結果で、まだまだ伸びしろはあるなと思いました。

改めて世界との実力差を思い知らされたという感じでした。

選手や監督の皆さんお疲れ様でした

 

 

そしてこれがワールドカップ2014の決勝トーナメント表になります。

日付は日本時間になります。

worldcup2014finaltournament

6月29日(日)1:00 ベロオリゾンテ ブラジルvsチリ 1.28 3.50

6月29日(日)5:00 リオデジャネイロ コロンビアvsウルグアイ 1.53 2.37

6月30日(月)1:00 フォルタレザ オランダvsメキシコ 1.50 2.50

6月30日(月)5:00 レシフェ コスタリカvsギリシア 1.80 1.91

7月1日(火)1:00 ブラジリア フランスvsナイジェリア 1.22 4.00

7月1日(火)5:00 ポルト・アレグレ ドイツvsアルジェリア 1.14 5.00

7月2日(水)1:00 サンパウロ アルゼンチンvsスイス 1.18 4.40

7月2日(水)5:00 サルバドール ベルギーvsアメリカ 1.40 2.75

 

妥当なところかな?と思いますが、アルゼンチンvsスイスが少しかけ離れている気がしなくもありません。

応援したい国は、やはりここまでいい試合を観せてくれているコスタリカですね。

早起きして5:00の試合は全てみたいと思います。

 

 

追記 2014.7.2

ワールドカップ決勝トーナメントの一回戦が終了し、ベスト8が出揃いました。

 

日付は日本時間になります。

worldcup2014finaltournament2

 

勝ち残った全てのチームが、グループリーグ1位通過の国です。

どの試合もギリギリの白熱した展開で、どの国も一生懸命戦っているのが伝わってきました。

ほとんどが試合終了間際や延長、PK戦で決着が着いています。

開催国のブラジルでさえ勝つのが容易ではないのだなと思いました。

サッカーって改めて素晴らしい素晴らしいスポーツだなと思いました。

私の観た感じでは、今大会はキーパーのファインセーブが目立っています。

 

ここからはどこが勝ってもおかしくないです。

コロンビアとブラジルでコロンビアが勝って、そのまま勝ち進み優勝ということもあり得そうです。

フランスとドイツでは4.5対5.5ぐらいでドイツが勝ちそうな気もしますが、フランスにも十分にチャンスはあると思います。

オランダとコスタリカでは南米大会ということを考慮し、私の目から見ればほぼ互角です。

アルゼンチンとベルギーではこれも南米大会ということを考慮し、アルゼンチンが勝ちそうな気がしますが、いずれにしろ簡単ではないと思います。

 

7月5日(土)1:00 リオデジャネイロ フランスvsドイツ 2.10 1.67

7月5日(土)5:00 フォルタレザ ブラジルvsコロンビア 1.40 2.75

7月6日(日)1:00 ブラジリア アルゼンチンvsベルギー 1.44 2.62

7月6日(日)5:00 サルバドル オランダvsコスタリカ 1.22 4.00

 

今回のオッズは少し意外でした。

私の目から見たらまずブラジルvsコロンビアは、アルゼンチンvsベルギーほど掛け離れていない気がします。

またオランダvsコスタリカは過去の実績からしたらこれくらいでしょうが、今大会に限っては精々フランスvsドイツくらいの差だと思います。

 

準々決勝はどうなるのか、今週末は目が離せません。

 

 

追記 2014.7.6

サッカー準々決勝が終了し、いよいよベスト4が出揃いました。

しかしブラジルvsコロンビア戦では、ネイマール選手の負傷と思わぬアクシデントが起こりました。

スニガ選手に膝蹴りのようなチャージをされ腰椎を骨折し、残りの試合欠場どころか全治4週という大怪我を負ってしまいました。

この時私はたまたま見ていたのですが、動けなくなってしまったネイマール選手を見て、これは危ないと直感しました。

本人は故意でないと言っていますが、非常に悪質極まる危険なプレイで、少し興冷めしてしまいました。

ネイマール選手には一日も早く回復し、元の状態でプレイできることを心から祈ります。

 

以下がトーナメントの組み合わせで、日付は日本時間になります。

worldcup2014finaltournament3

結果だけ見たら本命通りだったという感じですが、試合内容はどれも接戦でした。

コスタリカもオランダを相手に、PK戦まで持ち込めたのですが惜しかったと思います。

 

7月9日(水)5:00 ベロオリゾンテ ブラジルvsドイツ 2.00 1.83

7月10日(木)5:00 サンパウロ オランダvsアルゼンチン 2.25 1.61

 

ネイマール選手の欠場とキャプテンであるチアゴシウバ選手の累積警告による出場停止はブラジルにとって大きな痛手で、さすがにドイツ相手では勝てないと思います。

オランダvsアルゼンチンはオッズは妥当なのかもしれませんが、オランダにはスペインを大破した爆発力があり、どちらに転んでもおかしくないと思います。

私はネイマール選手が可愛そうなので、相当分が悪いのは承知ですが、開催国であるブラジルを応援したいと思います。

 

 

追記 2014.7.10

ワールドカップ準決勝が終わりいよいよ大詰めです。

ブラジルにとっては厳しいかなとも思いましたが、まさかあそこまで大負けするとはさすがに考えませんでした。

いくら主力の2選手がいないからって、6分で3失点トータルスコア7-1は少しだらしがないですね。

一方オランダvsアルゼンチンは、相手のいいところを殺しあうチャンスの少ない試合でしたが、pk戦までもつれ接戦だったと思います。

 

以下がトーナメント決勝戦の組み合わせで、日付は日本時間になります。

worldcup2014finaltournament4

 

7月13日(日)5:00 3位決定戦 ブラジリア ブラジルvsオランダ 2.20 3.60 3.00

7月14日(月)4:00 決勝戦 リオデジャネイロ ドイツvsアルゼンチン 2.30 3.10 3.30

 

右の数字がウィリアムヒルの90分の予想オッズになります。

 

あれだけ大敗したにも関わらずブラジルvsオランダは、まだブラジルの方が人気が高いです。

ドイツvsアルゼンチンはドイツの方が人気が高いですが、ブラジルを相手にあれだけ大勝ちできれば、このオッズは妥当かなとも思います。

ドイツとアルゼンチン、どちらがワールドカップを掴むのか楽しみですね

 

 

追記 2014.7.14

ワールドカップの決勝戦は、ドイツがアルゼンチンを延長戦の末に1-0で破り優勝をしました。

worldcup2014winner

 

決勝点は延長戦で途中出場したゲッツェ選手です。

胸でトラップしダイレクトに蹴り込んだ、技ありのシュートでした。

gotze

 

一方ゴールデンボール賞を受賞したにも関わらず、笑顔のみられないメッシ選手です。

goldenballaward

 

今回もワールドカップ決勝の舞台は、勝者と敗者の明暗をハッキリと分ける結果となりました。

これは仕方のないことだと思いますが、それでも決勝戦に相応しい内容で、アルゼンチンも見事な戦いぶりだったと思います。

 

日本がグループリーグを敗退した時は少し冷めてしまいましたが、それでも最後まで見ていて良かったなと思いました。

 

ワールドカップ2014ブラジル大会はドイツの優勝で幕を閉じましたが、これがまた新たな始まりでもあります。

 

選手をはじめ監督や関係者、サポーターの皆様、そしてテレビで観戦して下さった皆様、本当にお疲れさまでした

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ワールドカップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


William Hill 日本語

このページの先頭へ